ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

安田成美、藤村美樹、Kei(増田恵子)の80年代作がハイレゾで配信

DATE:
  • ガジェット通信を≫

安田成美、藤村美樹、Kei(増田恵子)が80年代にリリースした4作品が、7月27日よりハイレゾにて配信スタートする。

安田成美は『安田成美』(1984年)、『ジィンジャー』(1988年)の2作を復刻。『安田成美』は、高橋幸宏が6曲でプロデューサーとして参加し、細野晴臣作曲の「風の谷のナウシカ」「風の妖精」なども収録されている。一方の『ジィンジャー』は、大貫妙子のプロデュース作。大村憲司、かしぶち哲郎、小林武史ら豪華ゲストの参加にも注目したいところだ。

藤村美樹『夢恋人』(1983年)は、キャンディーズ解散から約5年後にリリースされた、彼女にとって唯一のソロ・アルバム。松本隆&細野晴臣のコンビが手がけた「夢・恋・人。」「春 mon amour」が収録されているほか、高橋ユキヒロ、大村憲司、白井良明らがゲストとして参加している。今回配信されるのは、2014年に再発されたCD同様、2曲のボーナス・トラックを収録した全12曲入りのヴァージョンとなる。

Kei(増田恵子)『Voice Cologne』(1989年)は、元ピンクレディーの増田恵子による通算5枚目となるソロ作。フランス・デビューをするにあたり作られたアルバムで、全編フランス語と英語で歌われているのが印象的だ。(原田星)

・2016年7月27日0時よりハイレゾ配信スタート
http://ototoy.jp/_/default/p/64379
http://ototoy.jp/_/default/p/64380
http://ototoy.jp/_/default/p/64381
http://ototoy.jp/_/default/p/64382

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP