ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

暑くても飲み過ぎ厳禁!ダイエット中の「水分」の取り方とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ダイエット中の「水分」の取り方とは?
「ダイエット中は水をたくさん飲んだほうがいい」「カフェインが痩せやすい体質を育てる」などなど、ダイエットと水分に関する情報がたくさんあり、「一体何をどのくらい飲めばいいの?」という人も多いのではないでしょうか。今回はダイエット中に飲むべき水分についてご紹介します。

冷たい飲み物より、温かい飲み物を

冷たい飲み物を飲みすぎると体内を冷やし、代謝を低下させてしまいます。飲み物はできるだけ温かいものを飲みましょう。暑い日でも常温を選ぶことをおすすめします。温かい飲み物を飲むことで血行を促進すると、代謝をアップさせることができますよ。

温かい飲み物

飲み過ぎは厳禁!

必要な水分量は体調や気候、体質によって異なります。「1日2リットル飲まなければ!」と無理に飲みすぎると逆に体調を崩したり、むくみやすくなったりしてしまいます。夏や暑い日は、喉が乾く前にこまめに飲むべきですが、基本的には喉が乾いたときや、トイレに行って排出した後に補給すればOK。飲み過ぎは禁物です。

カフェインを摂りすぎない

カフェインには代謝を上げる効果がありますが、摂りすぎると緊張状態を長く続けることになり、疲れやすくなったりイライラしやすくなったりしてしまいます。水分と同様、摂りすぎには注意が必要です。

コーヒーのイメージ

「低カロリー」に騙されない

カロリーが少ないからと言って甘い飲み物ばかり飲むのはNG。消化したり代謝したりするのに余計に水分を使ってしまいます。また、糖質やカロリーが「全く入っていない」というわけではありませんので、要注意……!

水分補給は常温かホットの「水」が基本。ハーブティーやお茶はOKですが、低カロリードリンクやコーヒーなどを水代わりに飲むのは危険です。体内を温め代謝を上げる水分補給で、ダイエット効果をアップさせてくださいね。

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

一瞬で簡単にバストアップする裏ワザ大公開!二の腕も背中のラインも美しくなるストレッチ
男性にとっては二度美味しい?スタイルいいけど脱いだら〇〇〇〇な体型とは・・・
前日の連絡は期待度大!男性が本気の女性だけに使う口説き文句3つ
夏バテで痩せるどころか夏太り!?「夏」のダイエットを成功させるコツ3つ
夏の冷えには「首」のケア!激しい気温変化を乗り切る体温ケア3つ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
美LAB.の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。