体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【保存版】思わず旅に出たくなる!旅心くすぐられる映画6選

「あぁ、どこかに旅に出たい!」見終わったあと、思わずそう叫んでしまう映画ってありませんか? 日常とはちがう数時間を体感できるのが映画の良いところ。あなたはどんな映画を見たら旅に出たくなりますか?

今回は、思わず旅に出たくなる映画をシチュエーション別にご紹介いたします。

■あわせて読みたい
人生に悩んだときに観たい。主人公からパワーをもらえる映画3選
お家でのんびり派のあなたに。心の栄養をもらえるラブストーリー映画4選

ハワイに行きたくなる! 映画

もうすぐ夏がやってきます。夏と言えば海、リゾート地でのんびりとしたいなぁと考えている人も多いのでは? 「ファミリー・ツリー」「ホノカアボーイ」は、どちらもハワイを舞台にした映画です。

旅に出たくなる映画6選
(C) Amazon/ファミリー・ツリー

ジョージ・クルーニー主演の、ハワイに住む家族の話を温かく描いた「ファミリー・ツリー」。

[ファミリー・ツリー]

旅に出たくなる映画6選
(C) Amazon/ホノカアボーイ

そして、岡田将生さん主演の「ホノカアボーイ」は、ハワイ島に実在するホノカアという小さな街を舞台にして、少し個性的な人達とのじ〜んとする心の交流を描いた物語。どちらもハワイの温かい温度感が伝わってきて見終わった後は、ハワイに行きたくなる、そんな映画です。

[Amazon/ホノカアボーイ]

一人旅をしたくなる! 映画

旅に出たくなる映画6選
(C) facebook/映画『わたしに会うまでの1600キロ』

「わたしに会うまでの1600キロ」は、リース・ウィザースプーン主演の映画。自分の体よりも大きなリュックを背負って一人で過酷な旅に出ることを決めた彼女。理由は、人生においてケリをつけられない事柄と向き合うため。忙しい日々に追われていると毎日についていくので精一杯になってしまい、「自分」を置いていきがち。もし人生の失敗を悔やんで踏み出せないことがあるのならば、この映画の主人公のように思いきって決意の旅を。自分自身の人生を変えるために。

[わたしに会うまでの1600キロ]

悪友達と旅をしたくなる! 映画

旅に出たくなる映画6選
(C) LASTVEGAS

「ラストベガス」は、マイケル・ダグラス、ロバート・デ・ニーロ、モーガン・フリーマン、ケヴィン・クラインというそうそうたるメンバーが共演する映画。俳優さんだけでもド迫力ですが、内容もド迫力。いくつになっても少年の心を忘れない悪友達がラスベガスで大暴れします。年をとればとるほど「大人の責任」を突きつけられ、ばか騒ぎとは縁遠くなっていきますが、この映画を見たら年なんて関係ないんだと勇気づけられます。

また、年をとったからこその数々の名言が心に沁みます。筆者はロサンゼルスに行く途中の機内でみたのですが、周囲に遠慮なく号泣でした。役者さん達最高! そして、いくつになっても人生は旅!!

[ラストべガス]

イタリアの美しい景色を味わいたくなる映画

旅に出たくなる映画6選
(C) Amazon/ジュリエットからの手紙

恋することの大切さ、誰かを大切に思うことのすばらしさ、そんなことを教えてくれたのは、「ジュリエットからの手紙」でした。イタリアのベローナには、ジュリエットの秘書がいて、世界中から届く恋愛相談の手紙に返信をしているのだとか。そんなかわいらしい設定をもとに映画はスタートします。イタリアの美しい風景と、時々出てくる美味しそうなご飯やワイン。ヒロインであるアマンダ・セイフライドのさわやかな演技、映画の中の隅から隅まですべてがキュート。イタリアのテラスでワイン片手に美味しい料理を食べたくなりました。話題はもちろん恋愛相談!? さわやかで美しく、胸キュンの映画です。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。