体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

タダごとではない旨さの「鶏チャーシュー丼」の作り方

f:id:kakashibennett:20160716161909j:plain

こんにちは!

コスパ最強!!一人暮らしの簡単節約料理レシピ」というブログを運営している、

メシ通レポーターのはらぺこグリズリーと申します。

『メシ通』でも、私のブログと同様激安、旨い、手軽の3拍子が揃っている料理を、読者みなさまにお伝えしていきたいと思っています。

コーラでつくる「鶏チャーシュー丼」

さて、先日鶏手羽元のコーラ煮を作ってみたのですが、

cheap-delicious.hatenablog.com

久しぶりに食べたこともあって、すごくおいしく感じました。

そして思いついたのです。

コーラで煮るだけで鶏肉がこんなに柔らかくおいしく食べられるのなら、

他の鶏肉を使った料理にも絶対合う!と。

これまでいろいろ鶏肉を使った料理をつくりましたが、

一番のお気に入りはやっぱり、母方の祖父(お肉屋さん)が作り上げた秘伝の鶏チャーシューに、

筆者自信作の煮卵をのせた「鶏チャーシュー丼」です。

そうしてできた「鶏チャーシュー丼」は結論から言うと、

めちゃくちゃ美味しかったです!!

ではさっそく、コーラでつくる「鶏チャーシュー丼」の作り方を紹介します。

f:id:kakashibennett:20160701193238j:plain

材料・費用

1、鶏もも肉
1枚
367円

2、コーラ
750㏄
75円

3、ごはん
200g
66円

A、醤油
大さじ4

B、塩こしょう
小さじ1

☆煮卵
食べたい分だけ
18円から

煮卵の作り方はコチラをご覧ください。

cheap-delicious.hatenablog.com

計、508円

1つ目のポイント!鶏もも肉を使うのがオススメ

わざわざ鶏肉を使ってチャーシューを作るのにはちゃんと理由があります。

お肉屋さんだった祖父曰く、

「鶏肉は豚肉より柔らかい」

「火を通すことで香ばしくなり、深みが出る」

のだそうです。

食べる機会の多い豚チャーシューと比べてみると、

確かに一味違う食感、鶏肉独特の美味しさが感じられます。

2つ目のポイント!コーラで煮ることでやわらかく、おいしくなる

「コーラ煮」という料理自体あまり有名でないかもしれません。

どこで開発された調理法かも不明ですが、

コーラで煮る効果としては、 肉が柔らかくなる コーラの甘みが自然に肉に染みこむ

というものがあります。

時間をかけたり圧力鍋を使用することで、

確かにお肉は柔らかくなります。

甘めの味付けにしたければ砂糖やみりんなどを入れればいいかもしれません。

ですが、両方ともコーラを鍋にぶち込むだけで実現できるのです。

ちなみに使用するコーラはなんでも大丈夫です。

作り方

1、鶏肉をまな板の上で広げ、筋などを軽く切り落として巻きやすくする。

f:id:kakashibennett:20160716161724j:plain
1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会