ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

広島新井サン「守備までマトモになって腹立つ」と阪神ファン

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 広島ファンにとっても、新井貴浩(39)の大爆発は予想外だった。「これは『神ってる』どころじゃない。もはや新井サンは『神』そのもの」(40代ファン)という声まで上がる。

 7月の新井サンの打撃成績は、打率5割2分6厘、7本塁打、20打点(7月19日終了時点)でセ・リーグ3冠。後半戦スタートとなる18日の中日戦では劇的なサヨナラホームランを放ち勝負強さを見せた。

「7月だけなら全ての面でヤクルト・山田哲人より上」(同前)とファンは興奮しきりだ。

 でも、新井サンは本来こんな「カッコいい選手」じゃなかった。

 広島から阪神へFA宣言した際の会見で、自ら選んだ道であるにもかかわらず「辛いです……」と言ったことから、ついたニックネームは「辛いサン」。阪神移籍後は、エラーやボーンヘッドも連発。ヘッドスライディングすれば手がベースまで届かずにスタンドから失笑を浴び、好機でゲッツーを連発しすぎて「ツラゲ」(辛いサンのゲッツー)という言葉まで生まれたほど。

 阪神時代の2011年には、打点王獲得と同時に失策王・併殺王にも輝き、当時の先輩・金本知憲に「祝三冠王Tシャツ」で祝福されるという屈辱(?)も味わった。阪神を自由契約になり、いわば「花道」のために古巣・広島に戻ってきた感のあった新井サン。

「ファンの間では、“ロウソクの炎が消える前の最後の輝きじゃないの”という声もある。でも僕は新井サンが不惑を前についに覚醒したんだと思いたい。絶好調のチームとともにこのまま三冠王まで突っ走ってほしい」(50代ファン)

 広島ファンが盛り上がる一方、憮然としているのが阪神ファンだ。熱烈な虎党である経営評論家・江坂彰氏がいう。

「ウチにいたときは三振とゲッツーばっかりやった男が、広島に戻ったらこの活躍や。阪神ファンは怒りますよ。なんで阪神にいるときにもっと打ってくれんかったんや。おまけに、ポロポロしていた守備までマトモになっとるから腹が立つ(笑い)。

 まァ、彼は褒められて伸びるタイプなんやろうね。“イジって伸ばす”阪神とは合わんかったんかもね。せめて仁義として、阪神戦だけではおとなしくしておいてほしいもんや」

 実は「お祭り男」だった新井サン。この勢いはシーズン終盤まで続くのか。

撮影■山崎力夫

※週刊ポスト2016年8月5日号

【関連記事】
2000安打達成の広島・新井 通称「辛いサン」の爆笑武勇伝
広島・新井貴浩について達川光男氏「ポカだらけでも憎めない」
阪神・福留にファン「あんな疫病神みたいな顔おらん方がええ」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。