ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

志村けん「『マンネリ』は俺にとっては悪い言葉じゃない」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 志村けん、66歳。言わずと知れたお笑い界の大御所である。『天才!志村どうぶつ園』(日本テレビ系)は今年で12年目の長寿番組。『志村けんのバカ殿様』(フジテレビ系)は先日、30周年を迎えた。

 左団扇──と言うと語弊があるかもしれないが、新しいことにチャレンジする必要がない立場だ。

 ところが志村は、「体力的には厳しいと感じることもありますよ」と言いながら、毎年、あるチャレンジを続けている。それが、今年11年目を迎える舞台『志村魂』だ。7月30日の東京・明治座を皮切りに、名古屋、大阪と約1ヶ月間、27公演を行なう。

 公演まで3週間を切った某日、都内のスタジオでは、志村けん一座の真剣な稽古が続いていた。休憩時間であっても、志村は打ち合わせや台本の読み合わせなど、自主的に役を深めていく。通し稽古では、内容のおかしさにスタッフから笑いがおこるが、出演者からは笑い声も無駄口も一切漏れない。張り詰めた緊張感。少しの妥協もない。バラエティで見せる志村とは、別人かと見紛うような表情だ。

 なぜこうまでして、志村は舞台にこだわるのか。

「ザ・ドリフターズの『8時だョ!全員集合』という舞台で育ったというのもあるけど、舞台はやっぱり特別だよね。俺のお笑いの基本」

 志村にとって「お笑い」は、偶然やアドリブではなく、あくまで「計算」なのだと言う。

「テレビと違って、舞台だとお客さんの生の反応が手にとるようにわかる。自分の計算した通りの反応が返ってくると、精神的な疲労も、体の疲れも、全部吹き飛ぶ。その充実を感じたいんだろうね」

 狙い通りの笑い──それはどう生み出されるのか。志村に問うと、意外な答えが返ってきた。

「笑わせることを控える勇気、でしょうね。理想は、腹をよじって涙が出るほど笑ってもらうことなんだけど、3時間半の『志村魂』で、ぶっ通しで大爆笑っていうのは無理。だから笑いの構成が重要になってくる。あえてクスクスッとした笑いにとどめておいて、徐々に高め、最後にバーンと笑わせるとかね。

 動きメインの笑い、タイミング重視の笑い。喋らずに音で笑わせたり、見た目の笑いにこだわったり。手法を変えながら、大爆笑までの道筋を作っていく。昨日今日お笑いを始めたんじゃないし、長年培った経験があるから、客席の笑いの量が予測できるんです」

 舞台『志村魂』の構成は、ほぼ11年間変わらない。「バカ殿」に扮して会場の空気をがっちり掴み、コントを複数畳みかけて会場を温め続ける。休憩を挟んで2幕冒頭は、志村の三味線独奏。そして松竹新喜劇の大スターであった藤山寛美の人情喜劇を披露する。

「お客さんが50人程度で若者ばかりならシュールなコントでもいいんだろうけど、『志村魂』は大きな劇場で1000人以上のお客さんを相手にするから、それでは満足してもらえない。お陰様で、『志村魂』には3世代で来てくれている家族も多い。

 子供にも最後まで飽きさせないためには、バカ殿とコントで『この人、何かやってくれるんじゃないか』って期待感をもたせる。そうすると、最後の人情芝居でも、子供が走り回らず、席にじっとしているんです。親と一緒に涙ぐんだりしてくれたりね」

「バカ殿」「変なおじさん」……。毎度、舞台を彩るのは、志村の生み出したキャラクターたちだ。

「バカ殿も変なおじさんも、純粋なんだよね。純粋すぎて周囲からは変に見えるだけ。そういう意味では俺も変わらないなぁ。頭の中、お笑いだけだから。バカ殿なんて30年やってるからね。『マンネリだ』って言う人もいるけど、たぶん他の芸人は、マンネリに行く前にやめちゃうんだと思うね。

 マンネリは俺にとっては悪い言葉じゃない。むしろ褒め言葉。あのキャラたちを愛しているし、お客さんにも愛されていると思っている。ただ、自分が飽きないように、出し惜しみしています。街中でも取材でも、『アイーンやってくれ』『変なおじさんやって』とリクエストされることがあるけれど、俺は絶対にやりませんから」

【PROFILE】しむら・けん/1950年生まれ。東京都出身。付き人を経て、1974年にザ・ドリフターズの正式メンバーに。『8時だョ!全員集合』(TBS系)で東村山音頭やひげダンス、カラスの唄などが大人気を博し、国民的スターとなる。今年6月に特別番組の『志村けんのバカ殿様』(フジテレビ系)が30周年を迎えた。『志村の時間』(フジテレビ系)、『天才!志村どうぶつ園』(日本テレビ系)にレギュラー出演中。『志村魂』は、東京・明治座で7/30~8/7に13公演(一部チケット完売)、名古屋・中日劇場で8/10~16に10公演、大阪・新歌舞伎座で8/19~21に4公演が行なわれる。

●撮影/江森康之 ●取材・文/角山祥道

※週刊ポスト2016年8月5日号

【関連記事】
嵐・二宮と熱愛報道 伊藤綾子アナに松潤ファン激怒の理由
乳がんの小林麻央 全摘出しなかったのはなぜなのか?
志村けん 原幹恵と焼き鳥屋で腰に手を回しラブラブディナー

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP