ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

長崎観光でおすすめの絶景スポット11選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ライターのシンタです。日本国内の絶景を発掘・発信する都道府県×絶景シリーズ、九州は長崎編。港町として栄えた歴史を持つ長崎は、やはり海沿いの絶景が魅力的な街です。夜景に軍艦島、エメラルドの浜辺をはじめ、長崎の絶景スポット11つを紹介します。

 

人津久の浜

Photo by grand-touring-japan

Photo by threetroy

一見海外のビーチリゾートかと思うほど鮮やかなエメラルドグリーンが広がる人津久の浜ですが、長崎県平戸市とれっきとした国内の海水浴場なんです。白い砂浜と鮮やかなグリーンのコントラストにしばし南国気分を味わってみませんか。

■詳細情報
・名称:  人津久の浜
・住所: 長崎県平戸市大石脇町
・アクセス:平戸大橋から車で約40分
・公式URL:http://www.city.hirado.nagasaki.jp/city/info/prev.asp?fol_id=3805

 

九十九島

photo by travel.rakuten.co.jp

Photo by blog-imgs-30-origin

九十九島は、佐世保港の北へ25kmにわたり島々が点在する海域のことで、周辺一帯の島の密度が日本一の区域です。フェリーが行きかう景色を上空から収めたこの一枚は、どこか紅の豚を連想させる風景ですね。

■詳細情報
・名称:九十九島
・アクセス:JR佐世保駅下車。ホテルまでタクシーで10分、あるいはバスで30分
・公式URL:http://www.pearlsea.jp/99islands/

 

稲佐山の夜景

Photo by at-nagasaki

モナコ・香港と並び世界新三大夜景に選出された稲佐山の夜景。1000万ドルの夜景の異名は伊達じゃありませんね!夜景をバックに、しっぽり大人なロマンチック気分を堪能してはいかがでしょう。

■詳細情報
・名称:稲佐山の夜景
・住所:長崎市淵町
・アクセス:長崎駅前バス停より長崎バス3、4番系統(下大橋・小江原・相川行き)に乗車し約7分、「ロープウェイ前」バス停下車。徒歩約2分
・公式URL:http://www.nagasaki-ropeway.jp/yakei/

 

軍艦島

photo by matome.naver.jp

Photo by i.ytimg

明治から昭和にかけて海底炭鉱によって栄え、当時は東京以上の人口密度を誇ったとされる軍艦島。閉山にともない無人島となった今も、長崎を代表する観光地として多くの訪問者を魅了します。

■詳細情報
・名称: 軍艦島
・住所: 長崎県長崎市高島町端島
・アクセス:長崎港から軍艦島上陸ツアー船に乗船し、約40分

 

生月島・塩俵の断崖

photo by wondertrip.jp

断崖が続く西部の海岸線において、ひときわ目を引く塩俵の断崖。溶岩台地の上に玄武岩が重なったことで、柱がいくつも立っているかのような非常に珍しい奇形の断崖が生み出された景勝地です。

■ 基本情報
・名称:塩俵の断崖 (いきつきしま・しおだわらのだんがい)
・住所:長崎県平戸市生月町壱部
・アクセス:バス…JR佐世保線佐世保駅から西肥バス平戸桟橋行きで1時間20分、終点で生月 バス生月行きに乗り換え40分、生月壱部桟橋下車、さらに生月バス御崎行 きに乗り換え20分、塩俵断崖前下車、徒歩5分 車…西九州道佐々ICから国道204号経由10km1時間5分

 

猿岩

photo by blog.goo.ne.jp

ホント、猿に見えますよね。玄武岩が長年をかけて風化されて生み出された奇跡の産物。木や緑が所々に生えているのも猿の毛を連想させ、リアル感がより一層感じられます。
■詳細情報
・名称:猿岩
・住所:長崎県壱岐市郷ノ浦町新田触870-3
・アクセス:郷ノ浦港から車で20分
・公式サイトURL:http://www.ikikankou.com/

 

平戸大橋

photo by pixta

2010年より完全無料化となった、本土と平戸をつなぐ前兆880mの大橋。夜になると橋がライトアップされ、橋を幻想的に彩ります。遠くから眺めるのももちろんですが、実際に渡ってみるとその迫力に驚くのだそう。
■詳細情報
・名称:平戸大橋
・住所:長崎平戸市田平町
・電話番号:0950-57-0600

 

展海峰

photo by pixta

佐世保で一番大きな展望台。180度パノラマで九十九島が目の前に広がります。また花の名所としても知られており、春は菜の花、秋にはコスモス15万本が咲き誇り、家族連れにも人気のスポットなのだとか。
■詳細情報
・名称:展海峰
・住所:長崎県佐世保市下船越町142
・アクセス:JR佐世保線佐世保駅よりSSKバイパス経由、鹿子前方面へ、鹿子前桟橋交差点左折車25分
・料金:無料
・公式サイトURL:http://www.sasebo99.com/spot/274/

 

雲仙地獄

photo by pixta

今でも噴気を上げており、周りには硫黄臭が漂っています。温泉の最高温度は98度で、なんと噴気の最高温度は120度だそう。足蒸しと言われる噴気を体感できる場所や、雲仙地獄で蒸した卵を食べられる場所もあります。
■詳細情報
・名称:雲仙地獄
・住所:雲仙市小浜町雲仙320
・アクセス:○○市営バス:バス停「○○」下車徒歩約○分 /JR○○駅から徒歩○分
・営業時間:24時間(但し、夜間はライトアップはありません)
・電話番号:0957-73-3434

 

七ツ釜鍾乳洞

utakata wazanさん(@utakata)が投稿した写真 – 2016 4月 23 4:41午前 PDT

国指定の天然記念物である七ツ釜鍾乳洞は、他の鍾乳洞とは全く異なった特徴を持つ世界でも稀な鍾乳洞だそう。洞穴内の温度は通年15度前後で、澄んだ湧水が流れています。また「地底探索ツアー」も実施しているのだとか。
■詳細情報
・名称:七ツ釜鍾乳洞
・住所:長崎県西海市西海町中浦北郷2541-1
・営業時間:4月~9月9:00~18:00(入園受付~17:30)10月~3月9:00~17:00(入園受付~16:30)
・電話番号:0959-33-2303
・料金:大人510円、中学生300円、小学生200円、幼児(4歳以上)100円
・公式サイトURL:http://www.saikaicity.jp/cave/

 

グラバー園

photo by pixta

グラバー園は、建設した国指定重要文化財の旧グラバー住宅・旧リンガー住宅・旧オルト住宅を中心に、市内の6つの洋館を復元したもの。7月中旬方10月初旬にかけては夜間も開園し、ロマンチックにライトアップされます。
■詳細情報
・名称:グラバー園
・住所:長崎県長崎市南山手町8-1
・営業時間:8:00~18:00(通常期間) ※夜間ライトアップ8:00~21:00(4月27日~5月5日・12月22日~12月25日)、8:00~21:30(7月19日~10月9日) ※入園受付終了時間は、閉園の20分前となります
・定休日:年中無休
・電話番号:095-822-8223
・料金:一般610円、高校生300円、小中学生180円
・公式サイトURL:http://www.glover-garden.jp/

 

長崎の絶景11選まとめ

以上、長崎の絶景11選いかがでしたか。港町としてのイメージ通り、やはり海辺の絶景が多かったですね!夜景も海もそうですが、ちょっと大人デートな雰囲気を味わいたいときは、長崎の絶景がぴったりだと感じました。
九州の旅で一緒に訪れたい絶景紹介記事はこちらです!
❐未開の絶景の地へ!佐賀県へ行きたくなる美しい絶景!
❐【日本の南国度NO1】神話のふるさと宮崎の絶景6選
❐【圧巻の大自然!】お城にゆるキャラだけじゃない!熊本の荘厳な絶景8選 

関連記事リンク(外部サイト)

鳥取県の名所・絶景6選
旅好きがこっそり教える世界のオススメ昼寝スポット
Instagramで妄想の旅に出掛けよう!旅を愛するインスタグラマー10選
危機遺産になる前に行きたい!孤高の空中都市「マチュピチュ」の基本情報

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP