体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

長崎観光でおすすめの絶景スポット14選

長崎観光でおすすめの絶景スポット14選

日本国内の絶景を発掘・発信する都道府県×絶景シリーズ、九州は長崎編。港町として栄えた歴史を持つ長崎は、やはり海沿いの絶景が魅力的な街です。

夜景に軍艦島、エメラルドの浜辺をはじめ、長崎の絶景スポットを紹介します。

*編集部追記
2016年7月公開の記事に、新たに3スポットを追加しました。

 

長崎を観光してみての感想

photo by pixta

私が長崎を訪れたのは夏で、気温は高くとても暑かったので、観光するにも水分補給や休憩をこまめに取るよう気をつけていました。

全体の感想としては、長崎は自然が豊かで見応えのある観光スポットがたくさんあり、ごはんもおいしく、とても楽しい旅ができました。現地の人も親切で、宿泊したホテルでは地元民おすすめの観光スポットやおいしい居酒屋さんなどを紹介してもらいました。

「世界新三大夜景」に選出されたロマンチックな稲佐山の夜景、全国的に有名な雲仙地獄など、バラエティーに富んだ絶景スポットの多くある長崎県は、旅行先として非常におすすめです!

 

おすすめのベストスポット

photo by pixta

私がおすすめするのは七ツ釜鍾乳洞です。この鍾乳洞のある場所一帯は昔海だったそうで、一般的な鍾乳洞とは全く違った特徴を持っており、非常に貴重な場所とのこと。

時折停電になるというちょっぴり怖い洞窟探検ですが、鍾乳洞の中に入ると、まるで冒険家のような気持ちになりワクワクしました。あまり人がいないので、ゴミゴミした観光地が苦手という方にもおすすめです。

 

人津久の浜

Muraoka Joeさん(@joe_1022)がシェアした投稿 – 5月 3, 2014 at 1:00午前 PDT

一見海外のビーチリゾートかと思うほど鮮やかなエメラルドグリーンが広がる人津久の浜ですが、長崎県平戸市とれっきとした国内の海水浴場なんです。白い砂浜と鮮やかなグリーンのコントラストにしばし南国気分を味わってみませんか。
■詳細情報
・名称:人津久の浜
・住所:長崎県平戸市大石脇町
・アクセス:平戸大橋から車で約40分
・公式URL:http://www.city.hirado.nagasaki.jp/city/info/prev.asp?fol_id=3805

 

九十九島

Hideomi Miuraさん(@omiomiura)がシェアした投稿 – 12月 21, 2017 at 6:55午前 PST

九十九島は、佐世保港の北へ25kmにわたり島々が点在する海域のことで、周辺一帯の島の密度が日本一の区域です。フェリーが行きかう景色を上空から収めたこの一枚は、どこか紅の豚を連想させる風景ですね。
■詳細情報
・名称:九十九島
・アクセス:JR佐世保駅下車。ホテルまでタクシーで10分、あるいはバスで30分
・公式URL:http://www.pearlsea.jp/99islands/

 

稲佐山の夜景

かるみんさん(@karumin1212)がシェアした投稿 – 11月 12, 2017 at 5:05午後 PST

モナコ・香港と並び「世界新三大夜景」に選出された稲佐山の夜景。1000万ドルの夜景の異名は伊達じゃありませんね!夜景をバックに、しっぽり大人なロマンチック気分を堪能してはいかがでしょう。
■詳細情報
・名称:稲佐山の夜景
・住所:長崎市淵町
・アクセス:長崎駅前バス停より長崎バス3、4番系統(下大橋・小江原・相川行き)に乗車し約7分、「ロープウェイ前」バス停下車。徒歩約2分
・公式URL:http://www.nagasaki-ropeway.jp/yakei/

 

軍艦島

Yoko Kuranukiさん(@yokoyokoleaf)がシェアした投稿 – 12月 22, 2017 at 6:45午前 PST

明治から昭和にかけて海底炭鉱によって栄え、当時は東京以上の人口密度を誇ったとされる軍艦島。閉山にともない無人島となった今も、長崎を代表する観光地として多くの訪問者を魅了します。
■詳細情報
・名称:軍艦島
・住所:長崎県長崎市高島町端島
・アクセス:長崎港から軍艦島上陸ツアー船に乗船し、約40分

 

生月島・塩俵の断崖

でかさん(@dekalabi2009)がシェアした投稿 – 4月 13, 2015 at 7:17午前 PDT

断崖が続く西部の海岸線において、ひときわ目を引く塩俵の断崖。溶岩台地の上に玄武岩が重なったことで、柱がいくつも立っているかのような非常に珍しい奇形の断崖が生み出された景勝地です。
■詳細情報
・名称:塩俵の断崖 (いきつきしま・しおだわらのだんがい)
・住所:長崎県平戸市生月町壱部
・アクセス:【バス】JR佐世保線佐世保駅から西肥バス平戸桟橋行きで1時間20分、終点で生月バス「生月行き」に乗り換え40分、生月壱部桟橋下車、さらに生月バス御崎行きに乗り換え20分、塩俵断崖前下車、徒歩5分【車】西九州道佐々ICから国道204号経由10km1時間5分

 

猿岩

メンチさん(@menti1211)がシェアした投稿 – 6月 25, 2016 at 12:09午前 PDT

ホント、猿に見えますよね。玄武岩が長年をかけて風化されて生み出された奇跡の産物。木や緑が所々に生えているのも猿の毛を連想させ、リアル感がより一層感じられます。
■詳細情報
・名称:猿岩
・住所:長崎県壱岐市郷ノ浦町新田触870-3
・アクセス:郷ノ浦港から車で20分
・公式サイトURL:http://www.ikikankou.com/

 

平戸大橋

pixta_23366574_S

photo by pixta

2010年より完全無料化となった、本土と平戸をつなぐ前兆880mの大橋。夜になると橋がライトアップされ、橋を幻想的に彩ります。遠くから眺めるのももちろんですが、実際に渡ってみるとその迫力に驚くのだそう。
■詳細情報
・名称:平戸大橋
・住所:長崎平戸市田平町
・電話番号:0950-57-0600

関連記事リンク(外部サイト)

エンターテイメントに富んだ中部の夜景7選
欧米人で賑わうタイの秘境クラビ。ニューヨークタイムズにも掲載された美しさとは?
世界一周中に出会い、本気で感動した世界の絶景7選(写真24枚)
【きっとあなたも驚嘆する】かつての日本の近代化を支えた軍艦島の絶景

TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy