体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

実際にインドに行って本当に本当に本当に驚いた「そこに住む人たち」の生活

0

目が覚めてから身を横たえるまで、インドの旅は仰天の連続。町を歩けば想定外のことがわが身に起こるのはもちろん、目の前に広がる風景にも「これは一体…」とおののき続けるはずだ。町で既視感のあるキャラクターや店を見つけたり、外食先で注文したものにギョッとしたりと、インドの旅は忙しい。

・日本のアレ? よ~く見てみてほしい
国際空港も近い、インド南部のマドゥライ(Madurai)。鉄道駅マドゥライジャンクション(Madurai Junction)やバススタンドから、有名なミーナークシーアンマンテンプル(Meenakshi Amman Temple)までは、路面店やホテル、レストランが並ぶ町の目抜き通りが2本延び、細い路地も多くある。

そこを散策していると、何やら知っている顔が、こちらを見ている。

kitty1

・は、ハロー……!
その子は、キルト製品を扱う店頭に掛けられていた(タペストリー?)。赤いリボンがキュートな、つぶらな眼をした猫ちゃん。さすが猫界におけるトップアイドルである。

・ノンベジ(Non Vegetarian Food)続き、肉に飢えた筆者が目にしたのは
インドの飲食店の大半では、メニューが「ベジ」「ノンベジ」に分類されている。文字通り、ベジタリアンと非ベジタリアンのこと。宗教色の強い郊外の町となると、ノンベジしか用意してない飲食店が圧倒的に増える。

tfc01

連日郊外を巡っていた筆者は、動物をいただきたかった。

そこでインド南部の町カライクディ(Karaikudi)を訪れたとき、ベジメニューを探して歩き回っていると、あった。日本でもフライドチキンであまりに有名な……ん?

tfc02

・TFC(Tasty Fried Chiken Restaurant)でした

ティーエフシーでした。香ばしそうな衣をまとったチキンを豪快にサンドしたハンバーガーとコーラの看板。しかも、店名脇には堂々たる™マーク(商標マーク)。

インドの都市部でも実はよく見かける、ファーストフードチェーンだ。ちなみにメニューを見たところ、ビスケットやコールスローサラダは、筆者の取材時には取扱いが無かった。

・遠目にトットちゃんシルエット
インドのびっくりネタとするにはあまりに有名だが、女性は大きな荷物を頭にのせるのが一般的。生で見ると、それがいかに凄技であるかを、つくづく感心してしまう。

totto01

首は細く、全身も脂肪や贅肉などまるでない一人の女性。だがこんな頭5つ分以上の大荷物もひょい、とのせて、スイスイっと歩いてしまう。体幹も鍛えられているのか、まったくぶれない。

totto2

足を止めても、ふたたび歩きはじめても、手でバランスをとることなど一切しない。

1 2次のページ
Photrip フォトリップの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。