体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

トランペットも吹けちゃう賃貸「ミュージション」 人気の秘密は?

トランペットも吹けちゃう賃貸「ミュージション」 人気の秘密は?

特定の趣味や嗜好を持つ人たちをターゲットにした「コンセプト型賃貸」。最近はバイク乗りのために設計された物件やアイドル監修の物件など、さまざまなタイプが展開されている。そのなかでも先駆け的なシリーズであり、着実に棟数を増やしているのが「ミュージション」。音楽を愛する人、ミュージシャンを志す人などに人気で、シリーズ全棟の入居率は9割を超えるという。何が入居者を惹きつけるのか、その魅力を探ってみたい。

トランペットの音もほぼ無音にする遮音性の高さ

ミュージションを展開するのは、個性的な賃貸住宅などの企画運営・管理を行うリブラン。同シリーズのマンションは、現在東京、埼玉、神奈川に9棟存在するという。今回訪れたのは「ミュージション野方brio」。バンドマンの街、高円寺にも近く、楽器店や音楽スタジオも点在するエリアにある。ミュージション史上最高の遮音性能を叩きだし、現在シリーズのなかでも人気の高い物件だ。

【画像1】アーティストの感性を刺激したいという想いから、建築デザインにもスタイリッシュさを取り入れている(画像提供/リブラン)

【画像1】アーティストの感性を刺激したいという想いから、建築デザインにもスタイリッシュさを取り入れている(画像提供/リブラン)

ミュージションシリーズの特徴について、ミュージション事業部の椎名晃子さんに話を聞いた。

「最大の特徴は、やはり遮音性です。一般的な賃貸マンションの場合、部屋と部屋の間にある壁芯(コンクリート)の厚みは約12cmですが、ミュージションは18cmから20cmです。加えて、壁の中にグラスウールを入れることで、音を吸音して隣の部屋に伝わらないようにしています。また、必要に応じて窓も二重サッシになっている物件もあり、外に音がほぼ漏れない仕様になっています。野方brioでは部屋を仕切る扉に音楽スタジオでも使われている音漏れを防ぐ密閉性の高いものを採用しており、密閉性が高いので音を廊下に漏らしにくい構造となっています」(椎名さん、以下同)【画像2】グランドピアノやドラム、アンプなどを置けるゆとりあるリビングスペース(画像提供/リブラン) 【画像2】グランドピアノやドラム、アンプなどを置けるゆとりあるリビングスペース(画像提供/リブラン)【画像3】二重サッシの間に約20cmの空気層をつくることで、外部と内部の音を相殺している。ちなみに環状道路が側を走っているため、外に出ると車の走行音が気になる立地だが、部屋に入るとほぼ聞こえない(写真撮影/末吉陽子) 【画像3】二重サッシの間に約20cmの空気層をつくることで、外部と内部の音を相殺している。ちなみに環状道路が側を走っているため、外に出ると車の走行音が気になる立地だが、部屋に入るとほぼ聞こえない(写真撮影/末吉陽子)【画像4】壁と扉に隙間をつくらないグレモンロックで音を部屋に閉じ込める(写真撮影/末吉陽子)

【画像4】壁と扉に隙間をつくらないグレモンロックで音を部屋に閉じ込める(写真撮影/末吉陽子)

いずれも遮音性への徹底したこだわりを感じる。実際のところ、どれくらいの音をカットできるのだろう?

1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。