ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アートをもっと身近に感じて!岡山のオススメ美術館・博物館をピックアップ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アートは秋限定!? 見て、知って・・・いつ行っても感性が磨かれる

岡山の美術館・博物館をご紹介!

大原美術館や岡山市立オリエント美術館など、雰囲気ある美観地区に佇む美術館のほか、生き物や自然を探求できる博物館など、見どころがいっぱい。

古今東西、様々なアートに触れて心のリフレッシュをしよう!

(※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました)

大原美術館

本館・分館・工芸・東洋館からなる。本館には西欧の近代絵画と彫刻を合わせ約140点を常時陳列してある。主な作品はエル・グレコの「受胎告知」、ゴーギャンの「かぐわしき大地」などである。

分館は近代日本の洋画と、日本の現代絵画、彫刻の常設館となっている。工芸館にはバーナード・リーチなど4大陶芸家の作品が1階と2階に2つずつの個室を設けて陳列されている。

強烈な個性と独特のタッチによって版画界に新境地を展開した棟方志功の版画作品が、壁に掲げた大作からガラスケースに入った小品まで数十点が展示されている。染色としては日本の型染や琉球紅型の美を深く追求してきた芹沢けい介作品が展示されている。東洋館には中国の古美術と、石仏・俑・銅器・陶器など、先史から中世頃の東アジアの美術品が合わせて展示されている。

\口コミ ピックアップ/

美観地区の日本的な古い街並みと不思議にマッチしているエキゾチックな建物の佇まいからして芸術的です。作品もモネやエル・グレコなど著名なものをはじめ、小さいですがシャガールもありました。ミュージアムショップは川べりからも入れて、美術館を見ない方もアートなお土産を買うことができます。 大原美術館

住所/岡山県倉敷市中央1丁目1-15

TEL/086-422-0005

「大原美術館」の詳細はこちら

岡山市立オリエント美術館

土器やガラス器、彫刻美術など、人類最古の文明が花開きシルクロードで東西を結んだ中東古代オリエントの出土品数千点を展示。

\口コミ ピックアップ/

土器やガラス器、彫刻美術など、人類最古の文明が花開きシルクロードで東西を結んだ中東古代オリエントの出土品を数千点を展示している、珍しい美術館です。 岡山市立オリエント美術館

住所/岡山県岡山市北区天神町9-31

TEL/086-232-3636

「岡山市立オリエント美術館」の詳細はこちら

児島虎次郎記念館

大原コレクションに活躍した児島画伯と、その収集になる洋画、オリエント美術品が展示されています。

\口コミ ピックアップ/

大原美術館のコレクションの収集に尽力した児島虎次郎氏の作品を展示している記念館です。コレクションの収集の為に外国に赴き、そこで刺激を受けて描いた作品と以前からの作品、両方が展示されています。とても見応えのある作品ばかりでした。 児島虎次郎記念館

住所/岡山県倉敷市本町7-1

TEL/086-422-0005

「児島虎次郎記念館」の詳細はこちら

現代玩具博物館・オルゴール夢館

世界の様々な国の現代玩具を中心とした玩具とアンティークオルゴール等の展示。

\口コミ ピックアップ/

オルゴールのコンサートは丁寧に説明をされていて感動しながら楽しめました。おもちゃの説明もなるほどと思い、子供達もすごく楽しんでいました。とても上手に紹介していて、今回の旅行の1番の思い出に残りました。近くに来たらゆっくり寄ってとすすめたい所でした。 現代玩具博物館・オルゴール夢館

住所/岡山県美作市湯郷319-2

TEL/0868-72-0003

「現代玩具博物館・オルゴール夢館」の詳細はこちら

いがらしゆみこ美術館

いがらしゆみこ先生の原画、くらしき物語グッズ、制作に関する資料や道具を展示。可愛いカフェもあります。

\口コミ ピックアップ/

キャンディキャンディでおなじみのいがらしゆみこさんの美術館。昔を懐かしみながら楽しめました。館内にキャンディキャンディの曲がながれ思わず口ずさみました。ドレスを着ての写真撮影があり年ながらやってみました。あとで写真をみるとこわいものになっていますが、いい思い出になりました。子供さんなどは喜ばれると思います。 いがらしゆみこ美術館

住所/岡山県倉敷市本町9-30

TEL/086-426-1919

「いがらしゆみこ美術館」の詳細はこちら

奈義町現代美術館

建築家 磯崎新氏プロデュースのもと3組のアーティストへ作品を依頼し、それぞれ太陽、月、大地の3つの展示室からできています。空間の形や光、視点と感触、過ぎゆく時間とあらゆる要素が一体化した場に身を置いて、ひとときの瞑想をお楽しみください。

\口コミ ピックアップ/

山々に囲まれた場所にあるとてもオシャレな外観の美術館です。

ワイヤーを使ったアートや黄金のオブジェなど、

いろいろな現代アートに触れることができ、大変満足しました。 奈義町現代美術館

住所/岡山県勝田郡奈義町豊沢441

TEL/0868-36-5811

「奈義町現代美術館」の詳細はこちら

岡山県立美術館

白っぽい花崗岩と黒っぽい磁器タイルをふんだんに使った外観は、岡山城の天守閣(烏城)をイメージ化している。

館内には2つの大展示室があり、2階の常設展示室では「岡山の美術」をメインテーマに、中世から現代に至るまでの日本画・洋画などを常時展示。主な収蔵品は岡山ゆかりの芸術家の作品で、雪舟「山水図」、宮本武蔵「布袋図」、浦上玉堂「山澗読易図」など。

\口コミ ピックアップ/

岡山後楽園に行った際に立ち寄りました。

都会的でオシャレな外観です。

岡山県ゆかりの展示が多数あり、ゆったりと鑑賞できました。 岡山県立美術館

住所/岡山県岡山市北区天神町8-48

TEL/086-225-4800

「岡山県立美術館」の詳細はこちら

夢二郷土美術館本館

宵待草などの感傷的な詩を夢二式と呼ばれる叙情的な絵に託して一世を風靡した竹久夢二の作品から代表的なものを集めて展示している。

\口コミ ピックアップ/

後楽園のそばにある「夢二郷土美術館(本館)」に行ってきました。

詩人、画家、デザイナーとして活躍した夢二は、雑誌の表紙や演劇の刷本や戯曲口絵、小説の挿絵なども手掛けています。

特に身近な女性をモチーフとした作品は大正ロマンを大いに感じさせてくれました。

小さな美術館なので、後楽園見学とセットでもいいですし、岡山、倉敷の美術館めぐりで楽しまれてはいかがでしょうか。 夢二郷土美術館本館

住所/岡山県岡山市中区浜2-1-32

TEL/086-271-1000

「夢二郷土美術館本館」の詳細はこちら

岡山シティミュージアム

岡山の歴史と今を記録し、次世代へと引き継ぐ博物館。床一面の巨大航空写真に埋め込んだ岡山の歴史・文化・自然などの情報を移動型情報端末で取り出せます。吉備の文化、岡山城、備前焼、児島湾干拓などを実物資料とデジタル技術などでわかりやすく解説しています。

\口コミ ピックアップ/

岡山駅から直結で行ける近代的な博物館です。

面白い展覧会やイベントをよくやっているので楽しめます♪ 岡山シティミュージアム

住所/岡山県岡山市北区駅元町15-1

TEL/086-898-3000

「岡山シティミュージアム」の詳細はこちら

林原美術館

収蔵品は備前刀、中国陶器、池田家伝来の能衣装、蒔絵調度、元明の堆朱、甲胄、書跡古文書、絵画など国宝・重要文化財をふくんで多種多様高度の展観に価するものが多い。

\口コミ ピックアップ/

林原一郎氏のコレクションよって生まれた美術館で、武家屋敷のような門がすごく立派です。刀剣や武具甲冑、絵画に能面など多種多様なものが展示されていて、個人のコレクションから生まれたことには驚く感じでした。 林原美術館

住所/岡山県岡山市北区丸の内2-7-15

TEL/086-223-1733

「林原美術館」の詳細はこちら

岡山県立博物館

岡山県地方の歴史の流れを理解しやすいように原始・古代・中世・近世・民俗と時代を追って配列し、また岡山県の地方特産の備前刀と備前焼については特別の展示室を設けて展示・説明している。

\口コミ ピックアップ/

岡山の後楽園のまさに入口脇に立地する美術館。岡山は堺と並ぶ古墳地帯だが、それだけに古代の出土品の類いには事欠かない。こういった古代関連の収蔵品が多いが、それ以外にも岡山藩の池田氏ゆかりの美術工芸品などの類いもあり幅広い。 岡山県立博物館

住所/岡山県岡山市北区後楽園

TEL/086-272-1149

「岡山県立博物館」の詳細はこちら

カブトガニ博物館

カブトガニが生息・繁殖している笠岡市にあり、カブトガニをデザインした館内には、カブトガニと生物進化の歴史がわかる展示がされている。また、カブトガニと同時代を生き、絶滅した恐竜の原寸大の復元模型と化石植物といわれるイチョウ、メタセコイア、シダ等の植栽で原始の世界を再現した「恐竜公園」も併設されている。

\口コミ ピックアップ/

全国的にも珍しい、カブトガニの博物館です。元々謎の多い生物ですが、展示を見ると生態がよく分かります。

博物館の外の敷地には恐竜公園もあり、子供はむしろこっちに喜んでいました。 カブトガニ博物館

住所/岡山県笠岡市横島1946-2

TEL/0865-67-2477

「カブトガニ博物館」の詳細はこちら

つやま自然のふしぎ館

世界の希少動物約800種の剥製を中心に、蝶や貝類、化石などを展示する自然科学の総合博物館。インドライオンやローランドゴリラ等、現在ではワシントン条約によって輸入が禁じられている貴重な剥製を間近に見ることができる。

\口コミ ピックアップ/

津山城に隣接していたので、ふと立ち寄りましたが、剥製の数が豊富で楽しかったです。

動物園では飼育が難しかったり、絶滅したりなどで見れない動物が見れ大満足でした! つやま自然のふしぎ館

住所/岡山県津山市山下98

TEL/0868-22-3518

「つやま自然のふしぎ館」の詳細はこちら

倉敷市立自然史博物館

古代の化石に驚いたり、貴重で珍しい生き物に感動したり、自然界の神秘とロマンにふれながら自然と人とのかかわりについて理解を深めることができます。ナウマンゾウの模型や瀬戸内海、高梁川流域に生息した生き物をわかりやすく紹介。

\口コミ ピックアップ/

昆虫の標本や動物の剥製をたくさん見れます。子供たちは昆虫や動物が大好きなので喜んでました。1階のナウマンゾウの母子の前で記念撮影しようとすると、ゾウが動くのでビックリしました。 倉敷市立自然史博物館

住所/岡山県倉敷市中央2丁目6-1

TEL/086-425-6037

「倉敷市立自然史博物館」の詳細はこちら

なぎビカリアミュージアム

巻貝「ビカリア」の化石を中心に展示。映像シアター、化石の発掘体験もできる。

\口コミ ピックアップ/

こじんまりとした施設ですが、知的好奇心をくすぐられます。

別料金200円の発掘体験がお勧めです。

貝類の化石が結構たくさん出てきます。楽しいです。

そして、発掘物をひとつひとつ鑑定してもらえます。

小学生の子ども達は大満足。「また行きたい!」と行っています。 なぎビカリアミュージアム

住所/岡山県勝田郡奈義町柿1875

TEL/0868-36-3977

「なぎビカリアミュージアム」の詳細はこちら

柵原ふれあい鉱山公園・鉱山資料館

昭和30年代の鉱山町の賑わいと地下400Mの採掘現場を当時の資料と映像で再現。片上鉄道の列車を動体保存

\口コミ ピックアップ/

レトロな電車が公園内に展示してあります。実際に中に乗り込むことができる車両も。資料館では昔の鉱山の様子が展示されていて子供から大人までお勉強になると思います。 柵原ふれあい鉱山公園・鉱山資料館

住所/岡山県久米郡美咲町吉ケ原394-2

TEL/0868-62-7155

「柵原ふれあい鉱山公園・鉱山資料館」の詳細はこちら

日本郷土玩具館

全国各地から集められた昔ながらの郷土玩具など約5千点が常時展示されています。日本のみならず世界の特色ある玩具も多数展示。中庭を囲むようにギャラリーやショップ、カフェも併設されています。

\口コミ ピックアップ/

江戸時代から続く商家の米蔵を利用しています。

全国の郷土玩具を展示しているほか、玩具のショップ、和柄の雑貨を扱うお店、ギャラリーやカフェもあります。

ちょっとしたお土産にぴったりの小物もあるので、散策の途中に寄ってみては? 日本郷土玩具館

住所/岡山県倉敷市中央1丁目4-16

TEL/086-422-8058

「日本郷土玩具館」の詳細はこちら

倉敷民藝館

江戸時代末期の米倉を改装したもの。約700種類の民芸品が陳列されている。

\口コミ ピックアップ/

有名な作家さんの作品だけでなく、普段使いの身近な工芸品たちがとても美しいことを教えてもらったような気分になれました。ガラスの器やかご、染物などなど。建物は古い米蔵で大変シックです。 倉敷民藝館

住所/岡山県倉敷市中央1-4-11

TEL/086-422-1637

「倉敷民藝館」の詳細はこちら

倉紡記念館

第1室には明治時代、第2室には大正時代、第3室には昭和時代(戦前・戦中)、第4室には昭和時代(戦後)と、日本の紡績産業の歴史が倉紡の歴史を通じて一目で理解できるように展示されている。建物はむかしの原綿倉庫です。

\口コミ ピックアップ/

倉敷紡績の歩みや、日本の紡績業界の歴史などがよく分かり、勉強になりました。じっくり読んだりしながら進むと、見るのにけっこう時間がかかりました。 倉紡記念館

住所/岡山県倉敷市本町7-1

TEL/086-424-0517

「倉紡記念館」の詳細はこちら

高梁市成羽美術館

児島虎次郎画伯の絵画。化石室・企画展を随時開催している。建物は安藤忠雄氏の設計。

\口コミ ピックアップ/

ちょっと田舎(!)にあるのに、モダンな建物が突然現れてちょっとびっくりします。

この建物は建築家安藤忠雄氏の設計ということで、建物自体も見る価値があります。

常設展というか、通常の展示は成羽町出身ということで児島虎次郎氏のものが多く、倉敷の大原美術館の収蔵品を集めた児島虎次郎ですが、本人の作品もとても素晴らしいのでこれだけまとまっているのは貴重だと思いました。

成羽には化石もたくさん採取されるので、化石の展示室もあって興味深かったです。 高梁市成羽美術館

住所/岡山県高梁市成羽町下原1068-3

TEL/0866-42-4455

「高梁市成羽美術館」の詳細はこちら

※この記事は2016年7月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

アートをもっと身近に感じて!山口のオススメ美術館・博物館をピックアップ!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP