ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

北海道民なら見たことあるよね? スーパーでもお馴染み「炭や」のホルモン!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

北海道民なら見たことあるよね? スーパーでもお馴染み「炭や」のホルモン!

f:id:mesitsu_lc:20160602150935j:plain

スーパーで売っている、このパッケージ。

北海道民であれば一度は目にしたことがあるでしょう。

焼肉の必須アイテム「炭やシリーズ」のホルモンです。

道内各地のスーパーで販売されているこの商品は、

豚ホルモンが愛される街、旭川市で製造されています。

旭川でホルモンというと、牛ではなく、豚ホルモンが一般的!

お父さんだけに愛されているわけではなく、

女子会で豚ホルモンもあたりまえの光景です。

コリコリの豚ガツを炭火で焼いて、

ビールをゴクゴク流し込めば、そこは天国!

モクモクの店内で、黙々とホルモンを焼こうではありませんか。

次の朝起きて、顎が筋肉痛になるまで食べようではありませんか。

豚ホルモンを提供するお店が多い街

f:id:mesitsu_lc:20160529104656j:plain

ホルモン3個あれば、ジョッキ1杯飲みきる自信がある、メシ通レポーターの裸電球です。

今回は、北海道民おなじみの豚ホルモンをご紹介します。

スーパーにも並んでいるので、

ホットプレートで焼いたり、BBQで楽しんだりと、

食べたことがあるという人も多いのではないでしょうか。

今回は「炭や」のホルモン をご紹介しますよ!

f:id:mesitsu_lc:20160602164649j:plain

見てください!

これぞ北海道のスーパーの光景ですよ。

「炭や」シリーズは旭川市の米谷産業が手掛ける人気商品。

不動の一番人気、塩ホルモンをはじめ、トントロや豚サガリなど種類も豊富です。

私も家族や仲間と、何度となく食べてきたホルモンです。

旭川には、この「炭や」が実店舗としてあるので、

早速、そちらをレポートしてきましょう!

向かったのは買物公園

f:id:mesitsu_lc:20160529104629j:plain

旭川市の「平和通買物公園」です。

ここは日本初の恒久的歩行者天国なんですよ!

1キロほど道が続き、デパートや商店が軒を連ねています。

f:id:mesitsu_lc:20160529104630j:plain

サックスを吹くおじさんの銅像が見えたら、「炭や」も近いです。

このあたりから、精神を集中し、

ホルモンのことだけを考えて歩きましょう。

網にホルモンをそっと置く姿を思い浮かべ、

ひっくり返すタイミングをシュミレーション。

イメージトレーニングを怠ってはいけません。

さあ、着きましたよ!

f:id:mesitsu_lc:20160529104631j:plain

買物公園から少し折れたところにある小路。

渋いですよね。

ここに、「炭や」があります。

人気店ですから、今日も大混雑!

店内はホルモンを焼く煙で玉手箱状態です。

煙の中で、老若男女たくさんの人が、

ホルモンをコリコリしているではありませんか。

f:id:mesitsu_lc:20160529104632j:plain

普段は楽しみを最後にとっておく派ですが、

今日はもう我慢できません。

ど頭からお店の看板メニュー、

豚ホルモンをいこうじゃありませんか。

塩ホルモン(ガツ)と上ホルモン(直腸)が楽しめる、

「ミックスホルモン (378円)」です。

f:id:mesitsu_lc:20160529104636j:plain

そもそも旭川は養豚が盛んだったため、

豚のホルモンが市民権を得るようになりました。

「炭や」では、生の新鮮なホルモン を仕入れています。

それも、毎日ですよ、毎日!

だから、こんなに美しい色なんですね。

f:id:mesitsu_lc:20160529104639j:plain

ホルモンの焼き方って考えたことなかったです。

皮から焼き始めるといいんですって!

よく見ると、確かに。

ほんのり黄色いほうが皮なんですね。

f:id:mesitsu_lc:20160602170941j:plain

最高の状態で食べるため、

ホルモンの一挙手一投足を見逃さないようにします。

ジュー。

ジューー。

ジューーー。

ああ、たまりません!

ホルモンが発する「今だ!」の声を待ちます。

f:id:mesitsu_lc:20160602171001j:plain

ではいただきます!

……うわ!

コリコリなのに柔らかい。

これは美味しい。

くさみなんて全くありませんよ。

ひとつ、ふたつと箸が止まりません!

f:id:mesitsu_lc:20160529104635j:plain

続いて注文したのは、「炭や」の人気メニュー「豚トントロ (432円)」です。

豚のホッペのお肉で、脂が多く、独特の食感が楽しめる部位ですよね。

今でこそ、あちこちのお店で食べることができますが、

「炭や」は、豚トロブームの火付け役という声も高いお店なんです。

一匹の豚からとれる量も微々たるもので、

脂を落としたり、リンパを除去したりと、手間もかかるそうです。

f:id:mesitsu_lc:20160529104638j:plain

見てください、この色!

新鮮なピンクですよ。

スーパーで買うことができるようになったため、

あっという間に北海道民を虜にしました。

f:id:mesitsu_lc:20160529104645j:plain

網に置いた瞬間に着火!

ジューシーな脂がしたたります。

遠火でしっかりと焼きましょう。

f:id:mesitsu_lc:20160529104647j:plain

先ほどのファイヤーで脂は適度に落ち、最高の食感です。

これは絶対に外せないメニューですね。

一人で一人前、ペロリです。

さらに富良野ではお馴染みのアレと煮込みも

f:id:mesitsu_lc:20160529104634j:plain

「サガリ (432円)」です。

富良野では焼肉というと、牛肉ではなく、多くの市民が豚サガリを連想するそうです。

f:id:mesitsu_lc:20160529104641j:plain

適度な脂と、柔らかい食感がたまりません。

ガーリックの風味もきいているので、お酒がすすみます。

ご飯との相性も抜群ですよ。

f:id:mesitsu_lc:20160529104650j:plain

焼いて、食べて、焼いて、食べてを繰り返しているうちに。

一回、煮込んだものも食べたくなるなんて。

ああ、私の胃袋はなんて贅沢な仕様なんでしょう。

注文したのは「炭やの特製煮込み (432円)」です。

f:id:mesitsu_lc:20160529104651j:plain

ものすごく柔らかいです。

お酒がいくらあっても足りません。

次から次へと。

グラスがどんどん空になります。

ホルモン三昧の「炭や」でした!

f:id:mesitsu_lc:20160529104649j:plain

ホルモンの新鮮さをビシバシ感じる、素敵な夜になりました。

焼いても、煮ても、ホントに最高!

北海道を訪れた際には、「炭や」のホルモンは外せませんよ。

ラーメンや海鮮丼など、観光客に人気のメニューも良いですが、

「地元の人たちが愛する食べもの」を味わってみるのはいかがでしょう。

「炭やシリーズ」、要チェックです!

お店情報

炭や

住所:北海道旭川市5条通8丁目右3

電話番号:0166-26-4303

営業時間:17:00〜23:00、日曜日・祝日 16:00~22:30

定休日:不定休

ウェブサイト:炭や

※金額はすべて消費税込です。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

書いた人:裸電球

裸電球

北海道を拠点に食べ歩き。CATVでグルメ番組のレポーターを担当したことをきっかけに、ハシゴ酒が趣味となる。入りづらいお店に突撃するのが大好き。現在はフリーで、映像制作とライターの仕事をしている。 ブログ:「裸電球ぶら下げて」

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

骨董店の奥で営業する完全予約制のお好み焼き屋「なりゆき」に潜入【旭川】
あんこ好き男子必見! あんこと抹茶の「福吉らて」にアンキーマカレーはいかが?
それ…何ですか?思わず聞き返してしまうラーメン! その名も「モルメン辛いの」

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。