ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

意外と知らない東京離島リゾート!都内で南国気分を満喫する海水浴場特集!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

夏といえば海!海といえば南の島!

すっかり頭の中は南国モード、沖縄もいいな、やっぱり海外も素敵…

でもちょっと待って!実はそのリゾート、都内にもあるって知ってました?

じゃらん編集部がこっそりおくる「東京夏の離島特集」!

都内で南国気分を満喫するのも乙なもの、今年の夏は東京離島で避暑がアツい!

(※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました)

前浜海水浴場

村落につながり、手軽に利用できる白砂の海水浴場。 沖に「恩馳島」を望み、美しい夕焼けを楽しめる。

\口コミ ピックアップ/

村落に一番近いビーチ、主な宿から徒歩でいけます。

白くて長いビーチ。

海の色がとってもきれい。

岩場には少し魚がいます。

カニもたくさんいました。

ビーチバレーのコートがありました。

真水のシャワーもありましたが、コイン式の温水シャワーもシーズンにはあるようです。

近くのダイビングショップで軽食食べられました。眺めがよいです。

お土産や飲み物等買える店もありました。 前浜海水浴場

住所/東京都神津島村

TEL/04992-8-0011

「前浜海水浴場」の詳細はこちら

中の浦海水浴場

神引湾と大浦の間に位置する。シュノーケリングやダイビングには絶好の場所。

\口コミ ピックアップ/

8月あたまに訪れました。

道路から坂道を下り、駐車場と駐輪場からさらに階段を下りたところにあります。

売店でかき氷、焼きそばなどを販売していました。

シュノーケリングセット(マスク、フィン、シュノーケル)レンタルできます。

腰くらいの水深でもたくさんの魚を見ることが出来ます。入り江になっているため波も無く、子連れでも安心です。透明度は高く、沖の方は水深5~10mほどあるかと思いますが底まで綺麗に見えました。

トイレは階段の途中に一つ。ホースで足を洗うことが出来ます。 中の浦海水浴場

住所/東京都新島村式根島

TEL/04992-7-0004

「中の浦海水浴場」の詳細はこちら

宮之浜

兄島瀬戸に面した美しい海岸。海中には珊瑚礁が発達し、熱帯魚も多いため、シュノーケリングに最適。

\口コミ ピックアップ/

一人でシュノーケルしても安全なところを街の人に聞いたところ、こちらのビーチを紹介してもらいました。バスの本数は少ないので歩いて行きましたが、街中から30分弱歩きました。シュノーケルの用意とビーチサンダルだったので、ちょっと辛かったですが、海に潜るとそんなことを忘れるくらいカラフルな魚が見えます。

またここのビーチにはロープがしてあるので、海から外れることはないと思います。 宮之浜

住所/東京都小笠原村父島

TEL/04998-2-3114

「宮之浜」の詳細はこちら

泊海水浴場

式根島を代表する絶景の一つ。美しい砂浜があり、外海の影響を受けにくいので、穏やかなビーチライフが楽しめる。平成13年、日本の水浴場88選に選ばれた。

\口コミ ピックアップ/

海がとてもキレイです。浅く、波が全然ないので、小さい子供でも安心して泳ぐことができます。魚もたくさんいて、子供は大喜びでした。

東京から高速ジェット船で3時間くらいです。島自体、特になにもない島なので、海でのんびりしたい方におすすめです。 泊海水浴場

住所/東京都新島村式根島

TEL/04992-7-0004

「泊海水浴場」の詳細はこちら

乙千代ヶ浜海水浴場

\口コミ ピックアップ/

キツイ下り坂の下に、海のプールが出現。

深いときでも1.6M、通常は1.3M位で、子供も安心して遊ばせられます。更衣室やシャワー完備ですが、飲み物の販売機はありませんので、事前準備要です。島道の降り口向かい側にある蕎麦屋さんで予約すれば、浜まで昼食を出前してくれますよ。 乙千代ヶ浜海水浴場

住所/東京都八丈島八丈町樫立

TEL/04996-2-1125

「乙千代ヶ浜海水浴場」の詳細はこちら

沢尻海水浴場

深い入り江状になった白砂の海水浴場。 波穏やかな時が多いため、家族連れで海水浴を楽しめる。

\口コミ ピックアップ/

こじんまりと湾になった小さな海水浴場です。村営バスで行きました。降りてすぐです。

白い砂浜、砂がとてもきれいでした。

波もなく、小さな子でも安心して遊べそう。

端っこの岩場に少しだけ、魚もいました。

シャワートイレあります。 沢尻海水浴場

住所/東京都神津島村

TEL/04992-8-0011

「沢尻海水浴場」の詳細はこちら

横間海水浴場

玉石の海岸。夏には海水浴場として整備される。

\口コミ ピックアップ/

玉石で囲まれているのでプールみたいです、子供におすすめです。 横間海水浴場

住所/東京都八丈島八丈町大賀郷

TEL/04996-2-1121

「横間海水浴場」の詳細はこちら

トウシキ遊泳場

トウシキキャンプ場にあり、釣り場としても人気。

\口コミ ピックアップ/

東海汽船のポスターになっている海岸です。大きな岩に守られた天然のプールで、波を気にせずに安全にシュノーケリングができました。子どもも安心して泳げます。ウツボもいました。食べるものは一切売っていないので持っていかないとだめです。

ビーチまで車でいけますが、15台ぐらいしか置けないと思います。近くにキャンプ場があり駐車場やシャワーがあるので、そこに駐車して歩いて行くといいでしょう。 トウシキ遊泳場

住所/東京都大島町差木地字クダッチ

TEL/04992-2-1446

「トウシキ遊泳場」の詳細はこちら

大村海岸

大村中央の芝生の広場を抜けると大村海岸が広がる。海岸の東側は親水護岸になっていて海水浴やウインドサーフィンを楽しむ人達でにぎわう。船に乗る前にひと泳ぎもできる。

\口コミ ピックアップ/

ここが東京?と思うくらいに南国。青い海と砂浜が美しいです。比較的すいています。体験ダイビングを楽しむこともできます。

街に一番近いのがこの前浜です。サンゴのかけらでできた浜で、海が青くてとても綺麗です!海中は砂なので、シュノーケルには向きませんが遊ぶにはもってこいです。シャワーや更衣室もあります。 大村海岸

住所/東京都小笠原村父島

TEL/04998-2-3114

「大村海岸」の詳細はこちら

境浦

二見湾内東部にある波静かな海岸で、沖合には太平洋戦争中(1944年)に魚雷攻撃を受けて座礁した旧日本軍貨物船(濱江丸)の赤錆た姿が残る。

\口コミ ピックアップ/

戦時中に使われていた船が座礁して、海岸から少し沖にあります。この船を小さな魚たちが隠れ家にしているので、船の周りをぐるりと一周するとたくさんの魚に出会えます。潮が引いている時ですと、船の甲板に立つこともできます。ウミガメの産卵も時期によってはあるそうです。人があまり来ない、静かな海岸です。 境浦

住所/東京都小笠原村父島字境浦

TEL/04998-2-3114

「境浦」の詳細はこちら

コペペ海岸

ギルバート諸島出身の先住民「コペペ」が利用したことからこの名がある。珊瑚が豊富でシュノーケリング向きの海岸。

\口コミ ピックアップ/

静かで美しい海岸、コペペ海岸。おがさわら丸で25時間半の船旅ののち、宿へ。まだ時間はあるものの、船酔いもぬけず、とにかくのんびりビーチでゆっくりしたいと、お宿さんに言うと、コペペ海岸へ案内してもらえました。本当に誰も居なくて、静かで美しい海岸でした。バス停がないので、宿の人に送り迎えをたのむといいかもしれません。 コペペ海岸

住所/東京都小笠原村父島

TEL/04998-2-3114

「コペペ海岸」の詳細はこちら

弘法浜遊泳場

町の中心元町港からほど近い。メインの海水浴場

\口コミ ピックアップ/

浜に町営のプールが併設されていて無料で泳げます。シャワーや着替えはこのプールでできます。ビーチは広く魚が沢山いるのでシュノーケリングにも最適です。砂浜と磯の両方があり子どもも大人も楽しめると思います。

で店や近くにお店もありました。 弘法浜遊泳場

住所/東京都大島町元町

TEL/04992-2-1446

「弘法浜遊泳場」の詳細はこちら

大浦海水浴場

砂質の細かい部分と荒い部分の両方を兼ね備える海水浴場。ビーチと磯遊びの両方が楽しめる。

\口コミ ピックアップ/

行ったのは冬だったので誰も泳いでませんでしたが、きれいな水が印象的な海水浴場でした。

夏にはきっと多くの方が訪れるはずです。 大浦海水浴場

住所/東京都新島村式根島

TEL/04992-7-0004

「大浦海水浴場」の詳細はこちら

若郷前浜海水浴場

トンネルを抜けた島の北部にある。穴場的ビーチ。南部の白い砂に比べ、こちらの砂は地質が違うため黒いのが特徴。

\口コミ ピックアップ/

島の北部にある海水浴場です。

砂地なのですが砂自体の色はどちらかといえば黒いです。

入り江状なので波は穏やかです。 若郷前浜海水浴場

住所/東京都新島村

TEL/04992-5-0240

「若郷前浜海水浴場」の詳細はこちら

扇浦

二見湾を隔てて、正面に大村地区を望む砂浜。駐車場やトイレ・シャワーの付いたレストハウスもあり、家族連れでの海水浴に最適。

\口コミ ピックアップ/

バスで簡単にアクセスできる海岸です。周囲を見渡すと、トウチカがたくさんあります。レストハウスもあるので、泳がなくても美しい海を見ているだけで、癒されます。ランチにもいい場所です。扇型に浜辺の形がしているから扇浦というのだそうです。水ですがシャワーもトイレもあります。山側には、小笠原神社があります。 扇浦

住所/東京都小笠原村父島字扇浦

TEL/04998-2-3114

「扇浦」の詳細はこちら

小港海岸

小笠原諸島随一の海水浴場。タマナやハマギリの防風林を抜けると真っ白い砂浜が広がる。遠浅で波静かな入り江で、素足で泳ぐことができる海岸。

\口コミ ピックアップ/

島の中心街からバスで30分程。道の終点、ここから先はジャングルという所にバス停があります。

バス停からは海岸までの砂浜&ジャングルの道を3分程歩きます。

歩いた先は白砂のまさにプライベートビーチ!

右手奥の方では沢山の熱帯魚も見れます。

店やトイレなどは一切無いので注意をして! 小港海岸

住所/東京都小笠原村父島

TEL/04998-2-3114

「小港海岸」の詳細はこちら

北港

母島北端の入り江。戦前は北村集落があり1944年(昭和19年)の強制疎開直前には約600人が暮らしていた。水中ではアオウミガメの遊泳が見られることもある。

\口コミ ピックアップ/

レンタルバイクを北に走らせていると、行き止まりになります。そこにある港が北港。昔は港としても使われていたようですが現在は海水浴場です。海水浴シーズンでもない為か、ほとんど誰も居ません。キレイな海を独り占めできます。海に向って左に行くと、遊歩道があります。

砂地ではなく、ゴロゴロとした石なので、波打ち際にいると「ごろんごろん」という音が聞こえてきます。小さな音が響くぐらい静かな場所でもあります。砂が巻き上がらないため、水はとても澄んでいて美しいです。

癒されたい人にオススメの場所です。 北港

住所/東京都小笠原村母島

TEL/04998-2-3114

「北港」の詳細はこちら

前浜

集落地の目の前にある海岸で、シャワー・トイレの付いた休憩所がある。

\口コミ ピックアップ/

母島の港と同じ浜。休憩所には、地元の人が座っていることが多かったように思います。夜、釣りをさせていただきました。魚は釣っても、全てリリース。魚釣りより、美しい満天の星空を見ているほうが楽しかったです。母島は、父島より更に田舎で、照明がほとんどないので、星空は最高に美しかったです。 前浜

住所/東京都小笠原村母島

TEL/04998-2-3114

「前浜」の詳細はこちら

脇浜

脇浜なぎさ公園内にある海岸で、トイレ・シャワー設備があり、集落から近いので人気がある。公園入口にはアオウミガメの人工産卵場がある。公園奥の階段を上がると鮫が崎展望台へ行ける。

\口コミ ピックアップ/

母島港から程近く、ちょっと登ると脇浜です。眺めも良く港ちかくとは思えない静けさがあります。途中にウミガメが飼育されている場所があり、たくさんのウミガメが泳いでいました。

「シュー」と、シュノーケルから息をする出す時の音?かと思いきや、ウミガメが鼻から息をだした音でした。東京都の海岸でウミガメが飼育されているところを見られることは絶対にないので、とても貴重な体験ができました。早朝お散歩にもオススメです。 脇浜

住所/東京都小笠原村母島

TEL/04998-2-3114

「脇浜」の詳細はこちら

長浜海水浴場

別名「五色浜」と呼ばれる、さまざまな色の玉石と白砂の砂浜が美しい海水浴場。

\口コミ ピックアップ/

神津島へは、芝浦のターミナルから長時間をかけて行きましたが、まさに離島!という感じで、本土を離れた甲斐のあるビーチでした。いい意味で田舎のままのビーチという感じで、キレイな海と、壮大な山の景色も同時に楽しむことができました。

都心からも交通の便がよく、頑張れば日帰りで行けます。都心の海より綺麗で、海好きな私も大満足でした!子供達もはしゃいでいましたよ★ 長浜海水浴場

住所/東京都神津島村

TEL/04992-8-0011

「長浜海水浴場」の詳細はこちら

底土海水浴場

\口コミ ピックアップ/

岩場もあり、砂浜もありトイレやシャワー室更衣室も無料であります。海岸はかなり広く自分に合った場所を選べます。私は深い所は彼に手を引かれシュノーケルで珊瑚礁や魚を見ましたが、独りで岩場近く それ程深く無い場所でシュノーケルで色々な色の魚を見るのが好きです

小さな魚のキラキラ光り輝く群れを見たり 今年は8年ぶりに海亀が卵を産んだと 網で囲いがされていましたが 海亀も運良く見れました。 底土海水浴場

住所/東京都八丈島八丈町三根

TEL/04996-2-1125

「底土海水浴場」の詳細はこちら

※この記事は2016年7月時点での情報です

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。