ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

あなたの周りにもきっといる!長続きする夫婦に共通する「5対1の法則」って?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ワシントン大学の心理学名誉教授ジョン・ゴットマンは、夫婦が離婚するかどうかを8割以上の高い確率で予測できると主張している人物。

彼が紹介した「悪い夫婦喧嘩のパターン」には、過去に多くの反響がありました。

①文句を言わずに、人格批判してしまう。
②防御反応で相手を攻撃してしまう。
③相手を見下してしまう。
④相手を無視してしまう。

④に至ると相手は絶望感を味わいます。そうして二人の関係に大きな溝を作るそう。

反対に良いケンカとは、歩み寄りやユーモアでごまかせることが大切になると考えられています。

彼がブログに投稿している内容を見てみましょう。喧嘩の仕方以外に、長続きするカップルに共通する“バランス感覚”があるみたい。

当たり前だけど無視できない
「5対1の法則」

あなたの周りにもきっといる!長続きする夫婦に共通する「5対1の法則」って?

彼の研究によれば、どんなに仲の良いカップルにだって喧嘩はつきもの。でも、ちゃんと愛を育んでいれば乗り越えられると言います。

その中でも特に大切なのが「感謝の気持ち」。ポジティブなやり取りがネガティブなやりとりに対して5倍多ければ、離婚の確率が低くなるのだそうです。おろそかにしてはいけないものとして、ちゃんと認識しておいたほうが良さそうです。

幸せな結婚を数値で表す、気休めに近い部分もあるでしょう。けれど、シンプルで当たり前とも言える法則だからこそ納得がいきます。

最近うまくいってないなら、試しにありがとうと言ってみて。イキナリで驚かせてもきっと大丈夫。だって、冗談みたいで笑っちゃうような唐突さがあっても、良い喧嘩の法則には当てはまっているわけですから♪

Reference:The Gottman Institue
Licensed material used with permission by Elite Daily

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。