体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

土用の丑の日、うなぎ以外もいろいろカバ焼いてみた!

f:id:ponparemall:20160721143118j:plain

7月30日は「土用の丑の日」。「夏バテ予防にうなぎの蒲焼を食べる日」として定着していますが、そのきっかけは幕末の天才・平賀源内が「夏場にうなぎが売れなくて困っている」と近所のうなぎ屋に相談され、「本日、土用丑の日(だから、「う」からはじまるうなぎを食べよう)」と書いた張り紙をするようアドバイスしたことだったとか。意外にいいかげんな理由ではじまった習慣だったんですね。

それならば、土用の丑の日だからといって、わざわざ高いうなぎを食べなきゃいけない理由はありません。雰囲気だけ楽しむなら、いろんなものを「蒲焼」にすればいいじゃない! …ということで、いろいろカバ焼いてみました。超個人的な蒲焼ランキングを発表します。

うなぎのタレと合うのはどれだ!? 超個人的蒲焼ランキング

まずは「蒲焼」の定義から。蒲焼とは「食材に串を打ち、うなぎのタレをつけて焼いたもの」です。筆者がそう決めました。うなぎのタレは結構甘いので、それと合うのは果たしてどんなものなのか。スーパーで想像力を働かせ、用意したのは次の5品。

f:id:ponparemall:20160721143152j:plain

・鶏もも肉

・ちくわ

・餃子

・アップルパイ

・バナナ

準備は簡単。すべての食材を焼きやすい大きさに切り、串を打っていくだけです。そして、コンロのグリルに入れてから、うなぎのタレをつけて点火。弱火でじっくり焼いていきます。それでは結果を見ていきましょう。

第5位 見た目はスイーツ「バナナ」の蒲焼

f:id:ponparemall:20160721143221j:plain

第5位は…バナナ! 「焼きバナナ」ってあるじゃないですか。さらに「塩スイーツ」というジャンルも最近すっかり定番ですよね。それなら、砂糖醤油である「うなぎのタレ」をつけた「バナナの蒲焼」も、成立するんじゃないかと思ったんです。見た目はなんだか「焼きバナナのキャラメルソースがけ」っぽいし。

が、この順位からもわかるように、相性は最悪です。見た目こそスイーツですが、食べるとグニョグニョのバナナに甘じょっぱいタレがついていることがわかって、えも言われぬ気持ち悪さ。醤油とバナナの組み合わせは完全に「ナシ」でした。

f:id:ponparemall:20160721143242j:plain

第4位 焼き方にご用心! 「餃子」の蒲焼

f:id:ponparemall:20160721143305j:plain
1 2次のページ
ポンパレモール、やってます。の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。