体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

SPEAK EASY 高岩遼 × 呂布 × 田中開 × 神崎峰人 平成生まれのモグリ酒場座談会

563A0261

 

 

2016年8月7日、渋谷HARLEMにて平成生まれのヤングガンたちが謀る複合型ストリートカルチャーイベント「SPEAK EASY」が開催される。本イベントタイトルの由来になっている“スピークイージー”とは、禁酒法が施行されていた1920〜30年代のアメリカにおいて、アルコールが密売されていた場所を指す言葉である。

今回、「SPEAK EASY」=“平成生まれのモグリ酒場”には音楽、ファッション、スケボー、タトゥー、ジャンクフード、ブックカルチャーのフィールドにおいて、それぞれ自らの信念を貫き独創的な生き様を示している平成世代が一堂に会する。

ライブアクトとして、SANABAGUN.、KANDYTOWN,THE NUGGETS、SWINGERZ、リベラルが、DJとしてオカモトレイジ(OKAMOTO’S)が出演。

さらに渋谷HARLEM内にスケートボードのランプを設置(!)し、1日限りのパークと化した空間でスケーターたちがパフォーマンスを繰り広げる。

また、新宿のゴールデン街に今年オープンした“レモンサワー専門店”を掲げるバーであり1000冊を超える蔵書を所有する「The OPEN BOOK」がフード提供と“平成文壇”をテーマにしたブースを展開する。

今回、NeoLでは「SPEAK EASY」の開催を記念した対談企画を「The OPEN BOOK」にて実施。参加したのは、本イベントの実質的な発起人である映像クリエイターチーム、BUDDA108の代表・神崎峰人、高岩遼(SANABAGUN./THE THROTTLE、SWINGERZ)、呂布(KANDYTOWN)、「The OPEN BOOK」の店長・田中開の4人。彼らが世代論やカルチャー論、そして「SPEAK EASY」の理念について、レモンサワーで一献傾けながら語り合った模様を映像でお届けする。

 3Z6A9942

 

 

高岩遼

「この世代は基本ラフにシェイクハンド交わすような奴らじゃない。いい意味で自尊心が強い、唯我独尊。そういうメンツが集まる理由として、みんな多分どっかで世代感みたいなのを大事にしていて、それだったら良くね?みたいなのがあるんです。それがゆとり世代感でもあるんすよね」

ボーカリスト/エンターティナー。SANABAGUN./THE THROTTLE/SWINGERZという枠を超えた3つのバンドの中軸を担う平成のスーパースター。

http://sanabagun.jp

3Z6A9961

 

呂布

「後々語られてほしいし、更に下の世代もこういうことをやりたいってなってきたら面白いと思う。それが当たり前になってほしいしね」

KANDYTOWN LIFE、ズットズレテルズのメンバー。ラッパー。2016年4月にソロとしては初のEPを自主制作でリリース。さらにKANDYTOWN LIFEとしての動き、新たな楽曲参加などを予定している。http://kandytownlife.com

1 2次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。