体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「TONE」スマホ最新アップデート!ポケモンGO対応にも言及

「TONE」スマホ最新アップデート!ポケモンGO対応にも言及「毎月1,000円から持てるスマホ」として、認知度・利用者を上げてきているトーンモバイルが、メディア関係者向けのラウンドテーブルを開催しました。
今回の発表では、トーンモバイルの近況およびオリジナルSIMフリースマホ「TONE m15」の最新ソフトウェア「TONE software 2.0」の配信内容について説明。さらには先週金曜のリリース以来、日本中で大流行中の「ポケモンGO」対応について、代表の石田氏から説明がありました。

「TONE」スマホ最新アップデート!ポケモンGO対応にも言及

冒頭、石田氏(画像右側)はトーンの取組やビジョンについて説明。2015年のトーンモバイル発足以来の歩みを、ビデオやスライドを使って振り返り、トーンモバイルが掲げる年度内200店舗の達成に向けて着実に進んでいることを話しました。

「TONE」スマホ最新アップデート!ポケモンGO対応にも言及

トーンモバイルの加入者数について、3月、4月で大幅に加入者を増やしているとのこと。これまでシニア中心だったユーザー層にも変化がみられ、10代や20代の加入者も増えているそうです。
背景としては、SIMフリースマホにMVNO SIMをセットにしたいわゆる「格安スマホ」プランが世に多く出てきた中、端末とプランの組み合わせで110パターンもある会社もあり、決して分かりやすいとは言えない状態が起きていました。
一方でトーンモバイルは、1機種1プランのみの提供。必要な機能についてはオプションによる選択となっており、「分かりやすさ」を徹底した戦略が右肩あがりの要因の1つであるのかもしれません。

事実、トーンモバイルが行っている購入後のアンケートでは実に76%の方が「人にオススメしたい」としています。

「TONE」スマホ最新アップデート!ポケモンGO対応にも言及

しかし、違った見方をすると24%の方は人にオススメしたくないというようにも取れます。トーンモバイルでは、オススメしたくないとしている24%に目を向け、どういった内容があがっているのかを調査。今回のアップデートではそうした意見を色濃く取り入れ、中でも「電池持ちが悪い」「050音質が悪い」「アクセサリのラインナップ(が少ない)」の改善を強化。より多くの人が家族や友人などにすすめたくなるようにという意図があるようです。

バッテリー持続時間を大幅向上!
「TONE」スマホ最新アップデート!ポケモンGO対応にも言及

バッテリーの持続時間は、最新モデルm15において従来の150~200%アップするとのこと。これは、バッテリー消費の多かったアプリの改善・ネットワーク側の切り替えの仕組み・ファームウェアの改善などで実現。バッテリー消費はスマホを使う時はもちろん、購入時においても重要な要素なので、この部分が大幅に改善するのは大変喜ばしいことではないでしょうか。

IP電話性能の向上
TONEユーザーの実に35%が利用するというIP電話は、ダブルノーティファイシステムというトーンモバイル独自技術により着信性能が向上。待受け時の「LTE優先モード」や、050用の「専用帯域」を取ることで品質を良くし、質の悪いWi-Fiや通話回線混雑時の影響を受けないよう使いやすさの追求をしたとのこと。

「TONE」スマホ最新アップデート!ポケモンGO対応にも言及

さらに従来より提供していた「104検索」の機能も向上。この機能はTONEから104にダイヤルすると、GPSの位置情報から、近くにある飲食店・宿泊施設・TSUTAYAの情報がわかりるものでした。今回はこれらに加え「避難所」の位置がわかるようになります。熊本のTONEユーザーにはβ公開が行われており、そこで高評価を得ており、今回の正式ローンチにつながった模様。

「TONE」スマホ最新アップデート!ポケモンGO対応にも言及IP電話関連ではもう1つ。TONEでは、050のIP電話以外にも通常の電話回線である「090」番号もオプションで付けることができます。これはMNPによる加入者増加に伴い、2つのアプリが存在しているのがわかりにくく、電話の受発信時にも操作が面倒であるという声を受けてのこと。090/050両方の着信・発信履歴を確認したり、履歴からの発信する際に選択して通話できたりするようになります。
1 2次のページ
デジタル・IT
SIM通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy