体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

テーマはジャン・コクトー『美女と野獣』! 不思議系ブランド『pays des fees』新コレクションが妖艶 [オタ女]

生活・趣味
pdf_2016aw_01

東京・中野ブロードウェイのショップからデザイナーのりむさん独特の世界観が発揮された不思議かわいいコレクションを発信しているブランド『pays des fees』(ペイデフェ)。2016-2017A/Wコレクションは、フランスの芸術家ジャン・コクトー(1889-1963)が1946年に監督・脚本を務めた映画『美女と野獣』(原題:La Belle et la bête)がテーマ。全体として妖しくも艶やか、そしてアンティークな雰囲気のラインナップとなっています。

※すべての画像が表示されない場合はこちらのURLからご覧下さい。
http://otajo.jp/62724 [リンク]

pdf_2016aw_02

毎回、奇抜な発表会を開催することでも話題を振りまく『pays des fees』。2016年7月9日に東京・銀座のBar十誠での新作発表会では、コクトーと映画の野獣の城のようにバーレスクダンサーたちが“人間の家具”に模し、野獣が美女をもてなすというショーを敢行。その妖しさが服をより際立たせていました。

pdf_2016aw_03

新コレクションでも目玉的存在のコート。りむさんによると「なめらかさが柄が綺麗に見える」というジャガード織で、ロゴを掘った上にゴールドラメのインクを使っているボタンや切り返しなど、細部にまでこだわりが見えるのが特徴。ウエストが高い位置なので足長効果も期待できます。
また、裏地が肌触りのよいサテンで、星の夜空になっているので、敢えてボタンを開けて羽織るという着こなしにも挑戦してみたいところ。

pdf_2016aw_04

「古い感じの光沢感を出したかった。1940年代後半のモードの生地感やパターンを意識した」(りむさん)というシャツワンピース。ドットの型押しをしているシャンタンサテンで、本を読んでいる野獣やラッパを吹いている天使といったコクトーの『美女と野獣』のモチーフがプリントされています。落ち着いたパープルでアンティークながらも今っぽいデザインといえるのではないでしょうか。

1 2 3次のページ
ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会