体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ラーメン体験をデザインする「スガキヤラーメンフォーク」【料理ツール・マニアックス】

f:id:Meshi2_IB:20160527225706j:plain

料理に関する優れたツールを追い求め、カトラリーが充実しているワンランク上の大人「カト充」を目指す本企画。

今回コレクションに並びますのは「スガキヤラーメンフォーク」です。

主に東海地方を中心として、関西や北陸でも展開している外食チェーン「スガキヤ」。和風とんこつのラーメンとソフトクリームは、現地のソウルフードとして定着しています。

筆者の愛知県出身の友人たちも、部活帰りに「スガキヤ」でラーメンとソフトクリームを食べるのが定番だった、という話を懐かしそうにしていました。

f:id:Meshi2_IB:20160527225700j:plain

その「スガキヤ」で使われているのが「スガキヤラーメンフォーク」

フォークとスプーンを合わせたような形状をしており、ラーメンを食べる目的に特化していることがひと目で分かる優れたデザインのカトラリーです。

ホームページにはこうあります。

ラーメンフォークは、昭和53年、弊社先代社長「菅木周一」により考案されました。毎日大量に捨てられる“割り箸”を見て、環境保護と経費削減を目的に開発されました。(出典:よくある質問 | スガキコシステムズ株式会社)

たしかに大きなラーメンチェーンともなると、1日に使われる割り箸の量も相当なものになるはずです。ラーメン専用の使いやすい道具を開発することで環境保護と経費削減になると考えたスガキヤ先代社長の慧眼には、経営者ならではの鋭さを感じます。

f:id:Meshi2_IB:20160527225701j:plain

裏側に刻印された「スガキヤ」のロゴが素晴らしい。製品に対する自信を感じます。

表面のヘアライン処理が上品な仕上がりにひと役買っています。

ちなみにいま使われているのは、リニューアルされた二代目の「ラーメンフォーク」。左右どちらが利き手でも使いやすいようにユニバーサルデザインになっています。

ちなみに初代「ラーメンフォーク」はフォークとスプーンの部分がオフセットされており、右手で使うために最適化された機能美がありました。

スガキヤラーメンを食べます

f:id:Meshi2_IB:20160527225658j:plain

「スガキヤラーメンフォーク」を紹介するならスガキヤのラーメンを食べるべきでしょう。インスタントですみません……。

f:id:Meshi2_IB:20160527225705j:plain

ノンフライ麺とオリジナリティあふれるスープ。「隠し味」の小袋がうれしいです。

f:id:Meshi2_IB:20160527225707j:plain

まずはスプーンの部分でスープをいただきます。

思った以上に飲みやすい形です。

筆者の生まれ育った場所に「スガキヤ」はありませんでしたが、この和風とんこつのスープの味は似たものがありません。東海地方出身の友人たちが懐かしがるのもうなずけます。

f:id:Meshi2_IB:20160527225708j:plain

フォーク部分で麺をひっかけます。

ちょうどひとくち分をすくい上げてくれます。偶然かと思いましたが、何度やってもちょうど食べやすい量の麺をひっかけます。これはデザインの妙。

f:id:Meshi2_IB:20160527225712j:plain

ためしに、スパゲティのようにくるくると巻きつけてみました。これはこれでできてしまう。普通のフォークのように使えます。

1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。