ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

舞台は「神社のお祭り」 ショートショートの旗手が生み出す珠玉の20編

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

短編小説よりもさらに短く、1話10ページ前後で完結する「ショートショート」という小説のジャンルがある。ごく短い文章の中で、話を展開させてオチをつけるため、小説家の力量が試される。この「ショートショート」で現在注目を集めているのが田丸雅智氏だ。

「海酒」が吉岡建監督、ピースの又吉直樹主演で映画化され、今年5月のカンヌ国際映画祭で初公開されるなど、気鋭の作家として名を広めている田丸氏。その新作『ショートショート千夜一夜』(小学館刊)が出版された。

 

■妖刀「バベルの刀」で口の悪い上司を一刀。しかし…?

 

本書では、欲しいと思ったものが出てくる「ヒモくじ屋」、人魚の稚魚をすくうことができる「人魚すくい」、人間の肌の手入れのように革を育てる「皮財布」など、多魔坂神社の祭りを舞台に、全20編の珠玉のショートストーリーを掲載している。

では、20話の短編の中から「バベルの刀」のあらすじを紹介しよう。

「バベルの刀」は、多魔坂神社の蚤の市を訪れた「おれ」が不思議な刀を揃えている骨董屋で妖刀と出会う物語だ。

物珍しさに惹かれて店を訪れた「おれ」は、いかにも古そうで漂う妖気が見えてきそうな刀に釘づけに。それは妖刀、バベルの刀。絵画でよく見るバベルの塔を縦に伸ばしたような形をしていて、螺旋になった刃はまるで煉瓦でできているみたいに赤茶けていた。

この刀で斬られた者は、他者との意思疎通が困難になってしまう。何をしゃべっているのかよくわからない人間は、この妖刀の手にかかっている可能性が高いという。

つまり、その力を逆手に取り、口が悪く嫌味なことばかり言う人間を斬れば、何を言われても雑音を聞いているのと同じになる。嫌味がまったく気にならなくなるのだ。

職場の嫌味で口の悪い部長の顔が頭に浮かんだ「おれ」は、給料半年分ほどの金額を払い、バベルの刀を購入する。そして、会社からの帰り道を狙って部長の背中を一刀。部長からの嫌味によるストレスは解消するも、別の問題が起きてしまうのだった…。

 

■ショートショートならでは味わいを

 

「おれ」に一体どんな問題が起きてしまったのか? このオチは実際に本を開いて読んでほしい。もちろん、他の掌編も読みごたえがあり、ショートショートならではテンポの良さから、「小説は長くて読み切れない」という人でもあっという間に読めてしまえるだろう。

多魔坂神社の祭りや蚤の市を舞台に、そこで起こる物語を描いた本書。短い物語の中で、どんな話の落とし方をしてくるのか。たった5分で読める物語で、幻想的で不思議な世界を楽しむことができる。

新たな物語の楽しみ方と味わい方を教えてくれる一冊だ。

(新刊JP編集部)

【関連記事】

元記事はこちら

「6年前とは安定感が違う」 声優・仲谷明香が本の朗読で見せた成長

自分自身の『成りあがり』を読みたいと思った――大森靖子『かけがえのないマグマ』インタビュー(2)

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP