ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日産GT-R(R35)の買取価格と高く売るためのコツまとめ

  • ガジェット通信を≫

日産GT-Rってどんな車?

GT-Rは日産が販売しているクーペ型の乗用車です。以前販売されていたスポーツカー『スカイラインGT-R』の後継車種です。現在販売されているものはR35型とも呼ばれ、2007年から毎年新モデルが発売されています。

出典:nissan.co.jp

サーキットで走行できるスポーツカーでありながらも、後部座席やトランクなど、市街地において乗用車としても使用しやすいように設計されているのが特徴です。手軽にスポーツカーの魅力を味わえる車種として人気を集めています。

GT-Rは新車の値段が高いため、中古車の需要が非常に高い車種です。今回はGT-Rの買取事情や高価買取のコツを紹介します。

実際の買取価格例は?

GT-Rがいくらで買取をされているのか、実例を紹介します。
※実際の買取価格は車のコンディションやオプション、店舗などによって左右します。
(2016年7月24日現在)

2007年式 R35 プレミアムED

走行距離31,000km 買取価格 385.0万円


photo by Highway Patrol Images

プレミアムEDは年式が古くても人気があります。

2008年式 R35 プレミアムED

走行距離11,000km 買取価格 457.5万円
走行距離が少ないと、年式が古くても高額で買取をしてもえる傾向があります。

2008年式 R35 ベースグレード

走行距離12,000km 買取価格 430.5万円


photo by Deborah Austin

2012年式 R35 ピュアエディション

走行距離4,000km 買取価格 670.4万円
ピュアエディションはベースグレードの後期モデル。ベースグレードよりも10kg計量化されています。

2013年式 R35 プレミアムED

走行距離6,000km 買取価格 807.0万円
年式が新しいものは高額買取が期待できます。

GT-Rの査定基準は?

中古車の査定価格は、車の様々な情報を加味して決められます。ここではGT-Rの査定価格の基準を確認しましょう。

年式・グレード・走行距離

GT-Rに限らず、中古車の価格決定のベースとなるのは元の価格と年式、走行距離です。新しい年式でグレードが高く、走行距離が短いほうが高額で買取をしてもらえます。

各種オプション

メーカーオプションやディーラーオプションは査定にプラスになります。特にバックモニターや純正ナビは大きな加点材料になります。また、GT-Rはエンジンやサスペンションなどのバージョンアップキットも日産から販売されています。それを行った経歴がある場合は査定価格がプラスになります。

出典:nissan.co.jp

傷や凹み、修復歴の有無

査定の際は車に目立った傷や凹みがないかを確認されます。また、事故や災害などで車の骨格にかかわる部分を修理したことがある場合、修復歴ありとして査定のマイナス材料となります。売り手から告知をしなくても、査定士は修理の形跡を目で見極めて査定を行っています。

改造やサーキット走行の有無

GT-Rはスポーツカーですのでサーキット走行も可能ですが、サーキット走行は車体への負担が非常に大きいため査定ではマイナスとなります。

また、GT-Rは改造を加えると日産のメーカー保証が受けられなくなります。中古車販売会社はできるだけメーカー保証が継続したまま販売したいと考えているため、改造車は歓迎されません。


photo by Alexander Nie

GT-Rのメーカー保証の基準は他の車よりも厳しめなことで有名です。社外のホイールやマフラーなどを装着しているとメーカーの保証外となるため、査定のマイナス材料になってしまう可能性が高いです。もしGT-Rを売ることを考えているなら他社製品のパーツは使用しないほうがよいでしょう。

高価買取のコツは?

少しでもGT-Rを高く売るために気を付けたいことを紹介します。

清掃・洗車をしよう

車の査定士も人間です。同じ車でも汚れが少なく、車内も綺麗な車のほうが好印象です。実際に車を見てもらう際にはできるだけ車をきれいにしましょう。いらないものは車の外に出して、余計なものは一切おかないようにしてください。

できるだけ早めに売ること

GT-Rは毎年新しいモデルが販売されているのが特徴です。発売年度が古いほど査定価格が下がっていきますので、売ろうと思ったら早めに行動に移しましょう。

複数の専門店に査定を申し込もう

GT-Rは新車での本体価格が900万円を超えるスポーツカーですので、国産メーカーの一般的な中古車店ではなかなか買い手がつきません。そのような店舗よりも、中古のGT-R・もしくはスポーツカーを専門に販売している店舗のほうが需要が高く、高額で買取をしてもらえます。


photo by Bobo Boom

インターネットなどで複数の店舗に査定を依頼し、価格を比較することが高価買取のコツです。

買取の流れと必要書類

実際にGT-Rを売りたい、と思ったときはどうすればいいのでしょうか。手順を紹介します。

まずは事前査定の申込

車買取店を探し、複数の店舗に事前査定を申し込みましょう。インターネットの一括査定サイトでは車の情報を一回入力するだけで複数の店舗に査定を申し込むことが可能です。スポーツカー専門店やGT-R専門店なども査定の候補に含めることがポイント。

店舗を絞り本査定へ

車を売りたいと思う店舗をいくつか絞ったら、実際に車を見てもらいましょう。買取店と日時の相談をして査定に来てもらいます。査定士が車の傷や修復歴の有無、内装や走行距離メーターなどを実際に確認し、査定価格を算出します。


photo by Thomas Chung

店舗を決めたら手続きへ

車を売る店舗を決めたら、必要な書類を渡して契約書を作成します。買取代金は振込で受け取るケースが多いです。いつ振込になるかどうかを必ず確認しましょう。代車が必要な場合も必ず事前に確認をしてください。早ければ事前査定をしたその日のうちに車を引き取ってもらうことも可能です。

必要な書類は?

車検証
自賠責保険証
自動車税納税証明書(本年度分)
印鑑証明書(発行から3か月以内)+実印

査定の際に必要なものは車検証のみですが、契約を取り交わす際には上記の全てが必要になります。早く車を売りたいと考えている場合、あらかじめ必要なものを用意しておくとスムーズです。

まとめ


photo by Eduardo Díaz González

GT-Rはラクジュアリーなスポーツカーです。そのブランドに憧れ「少しでも安くGT-Rに乗りたい」と考える方も多いのが特徴。年式が古く走行距離が長めでも店舗によっては高額で買取をしてもらえます。

GT-Rを多く扱っている店舗を探し、複数の店舗に査定を申し込むのが高価買取のポイントです。

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP