ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

店員の挨拶やオーダーがまったく聞こえない「静かなスターバックス」の秘密とは?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

マレーシアのクアラルンプールにある、スターバックス。コーヒーの豊かな香り、一杯ずつバリスタが淹れる光景、一見普通の店舗と同じように見えるかもしれませんが、カウンターに行くと、いつもとの「違い」に気がつくでしょう。

スタッフ13人のうち
じつは10人が…

店員の挨拶やオーダーがまったく聞こえない「静かなスターバックス」の秘密とは?

ショッピングモール内にあるこの店舗はなんと、働いているスタッフ13人中10人が「聴覚障がい」を持っているんです。注文を確認する際にも「手話」を使い、彼らのエプロンにも手話で「スターバックス」の文字がプリントされています。

手話ができないスタッフもトレーニングを受けることで、聴覚障がいがあるお客さんにもしっかりと対応可能。通常のゲストのオーダーはメニューカードに記入し、ドリンクが出来上がるとスクリーンに番号が表示されるという仕組みなのだそう。

これはスターバックスとしても世界的に初の試みで、The Society of Interpreters for the Deaf(聴覚障がい者のための通訳の会)の協力のもと、彼らに平等な雇用機会を与える専門店としてオープンしているのだそう。

夢は
ストアマネージャー

店員の挨拶やオーダーがまったく聞こえない「静かなスターバックス」の秘密とは?

最近シフトマネージャーに昇格したばかりだというMohammad Aizad Bin Ariffinさんは、こう語ります。

「私は、3年前にバリスタとして入社しました。夢はマレーシアのスターバックスとして初の、聴覚障がいを持ったストアマネージャーになることです。そんな私の夢に共感してくれること、また他の聴覚障がいを持った従業員たちの成長を支援してくれること、とても信じられない気持ちでいっぱいです」

Tobias Isaac De Jongさん(@domidius)が投稿した写真 – 2016 6月 14 4:01午前 PDT

本国アメリカにおいても、焙煎工場や流通センターで積極的に障がい者雇用を行うなど、「働きやすい環境」として高い評価を受けるスターバックス。このマレーシアの第一歩をきっかけに、さらなる雇用支援を続けていくとのこと。

Licensed material used with permission by Starbucks

関連記事リンク(外部サイト)

これは反則!?ドローンを使って「マグロ」を砂浜から釣り上げる男たち
2018年に打ち上げ予定!「人工流星群」が見逃せない。
【実験動画】SNSアクションから個人情報は簡単に盗める。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。