ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『ブレアウィッチ』シリーズの3作目が驚きのトレーラー公開、9月に劇場公開へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ライオンズゲートは、ファウンド・フッテージ・ホラーのシリーズ3作目で、16年ぶりとなる映画『Blair Witch(原題)』を9月16日に公開する。

本件は、7月22日(現地時間)の夜、映画『The Woods(原題)』の試写およびポスター、ティザーを発表する予定だったコミコンの会場で発表された。アダム・ウィンガード監督による本作は、20年前に3人の映画制作者が行方不明となった、メリーランドの人里離れた森が舞台となる。

本作は、これまで数か月にわたって映画『The Woods(原題)』として宣伝されてきたが、22日に急きょタイトルを変更するサプライズとなった。

1人の仲間の姉の失踪にまつわる謎を解き明かすため、メリーランドにあるブラック・ヒルという森を探索する大学生のグループを描く。この姉の死は、ブレア・ウィッチの伝説に関連していると皆が考えている。

旅の始まりで、暗く曲がりくねった森のガイドを2人の地元民が申し出る。この時こそ一行は希望を抱いていたものの、終わりなき夜が続く中で、恐ろしい存在の訪問を受けることになる。

シリーズ1作目の映画『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』は、エドゥアルド・サンチェスとダニエル・マイリックが監督し、6万ドルの低予算で製作された。サンダンス映画祭での上映後にアーティザン・エンタティメントが公開すると評判となり、全世界で2億5千万ドルの興行収入を上げた。

2000年に公開された続編の映画『ブレア・ウィッチ2』は、ジョー・バーリンジャーが監督し、魔女の調査のために森に入ったグループが正気を失う姿を描いた。アーティザンはこの作品を1500万ドルで製作し、全世界で4800万ドルを稼いだ。

ウィンガード監督は、映画『ザ・ゲスト』や映画『ビューティフル・ダイ』、映画『You’re Next(原題)』の監督として知られている。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP