ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

人工知能がディナーをリコメンド⁉︎米No1口コミサイトでサービス始まる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本では食べログに代表される口コミサイトですが、米国のNo1口コミサイト「yelp」では、あなたが夕食を見つける手助けをするために、人工知能を使用しています。

・どうやってデータを集めているの?

このSNS時代。美味しそうな料理が目の前にあると、つい写真を撮ってシェアしちゃいますよね。

その写真を解析し、どこのレストランか?という情報を識別できるソフトウェアが使われているそう。

これができるようになったのは、人口知能の学習の成果。大量のデータを解析する機械学習の形なんです。興味深いのは、機械も人間の脳の仕組みをマネすると賢くなるとのこと。

さらに写真解析は、むしろユーザーが書き込んだレビューより正確で、写真から「上品なお店の雰囲気である」、「子供連れに最適」との情報を得られます。

・活用幅が広がる人工知能

このようなAI解析をする企業は多く、より良いビールを作るためにFacebookでのユーザーのフィードバッグを使用しているそう。

普段何気なく使っているサービスでも大量のデータを収集し、世の中を便利にしているのかもしれません。

Yelp Is Using Artificial Intelligence to Help You Find Dinner – Eater

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP