ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

PL野球部 廃部に追い込まれた暴力事件の呪縛と教団の思惑

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 甲子園制覇7回、春夏通算96勝を誇るPL学園野球部が“廃部”に追い込まれた。12人の3年生の中に、かつて当たり前だった特待生はいない。いわば普通の高校生である彼らはこの1年、「超強豪校の最後の部員」の看板を背負う重圧と戦い続けてきた。

 PLに起きた異変を2年にわたって追いかけてきたノンフィクションライター・柳川悠二氏が、「最後の夏」への軌跡をレポートする。ここでは、PL学園の母体となるPL教団の現状が野球部に与えた影響についてだ。(文中敬称略)

 * * *
 野球部はPL教団の広告塔的役割を色濃く担ってきた。「人生は芸術である」を処世訓に掲げた2代教主・御木徳近は、野球を愛し、野球で甲子園を目指すことが世界平和に通じると説いた。

 1978年夏の甲子園で、逆転に次ぐ逆転で勝ち上がったことから、「逆転のPL」が野球部の代名詞となった。たとえリードされた展開でも、しきり抜いて、一プレーに集中する。そうして初めて全国制覇を達成した。

 1983年に徳近が鬼籍に入った直後、入学したのが桑田真澄、清原和博のKKコンビだ。5季連続で甲子園に出場し、2度の全国優勝を達成。同時期、教団は最盛期を迎え、公称信者数は240万人に達した。

 全国の信者のネットワークを駆使して、有望選手の情報を集め、セレクションを行ったのもその頃だ。

 初優勝した時の捕手で元阪神の木戸克彦はこう話す。

「プロ顔負けの練習環境がPLにはあった。グラウンドの横に寮を作ったのも、当時は全国の学校の先駆けだった。その伝統に誇りを持っているけれど、悪いことも続けたからね……」

 2001年には上級生が下級生をバットで殴り6ヶ月の対外試合禁止処分に。2008年には当時の監督が部員に暴力を振るって解任される事件も起こった。2013年2月、やはり上級生による暴力事件が発覚して、6ヶ月の対外試合禁止が下る。この件が廃部騒動の引き金となった。

 事件が起きる度に、監督を交代させ、学園は再発防止策を講じた。野球部を含む体育コースの生徒を一般の生徒と同じ校舎に移し、暴力事件の温床といわれた、1年生が上級生の世話をする付き人制度も2000年代前半に廃止した。理不尽なまでに存在した“鉄の掟”を少しずつ排除していったものの、抜本的な解決にはならなかった。

 野球部の未来を決める学園理事会や教団幹部からすれば、PLの悪評を振りまく野球部の体質に業を煮やしたというのが本音だろう。しかし、野球経験のある人材を監督に据えず、部員やその保護者やOBらに詳しい説明をしないようなやり方しかなかったのだろうか。

 私は教団信者の激減および学園の生徒数減少も、廃部問題と大きく関係があると指摘してきた。全国に400あった教会は今では半数以下になった。信者が減れば、その子供が通う学園の生徒数も大きく減少する。

 2015年度の入試では、外部受験者が28人しかいなかった。かつてのマンモス校の影はない。硬式野球部を続けられる体力が、今の教団および学園にないのが実状である。

 加えて私は野球部の命運を握るのは、病床にある3代教主・御木貴日止に代わって教団内で大きな発言力を持つ美智代夫人であるとも報じてきた。野球部のOB会が野球経験のある監督の早期就任と部員募集の再開を求める嘆願書を提出していたが、それが彼女の手元に届いたかは怪しい。

 今年4月、野球部員が練習しているPLグラウンドに突然、車いすに乗った教主と美智代夫人がやってきた話も耳にした。お付きに介助され、ベンチに座った教主は「頑張ってください」とだけナインに告げ、美智代夫人はチョコレートを配っていたという。激励の真意は誰にもわからない。

 その直後のこと。野球部のOB会幹部が奥正直克部長と川上祐一監督と面談し、OBの中で根強く噂されていた「来年春からの生徒募集再開」が不可能であることを告げられた。OB会と学園および教団との交渉が決裂した瞬間だった。

 2013年に起こった暴力事件の時の監督であり、それによって引責辞任した河野有道元監督は、「責任を感じています」と話す。

「1998年に(甲子園通算58勝の)中村順司監督から私に監督が代わった時から、野球部は縮小傾向にありました。野球部の監督は、優秀な指導力があっても、教団のことを理解している人間じゃない限り、務まらないんです。今後も、再開は難しいです。(事実上の廃部?)そうなるんと違いますか」

 ボランティアで15年間、部員の身体のケアを行ってきた、あわしま鍼灸整骨院の粟島王仁三郎院長も口を揃える。

「私はね、教主と同級生なんですよ。その私でも、継続に向けて力になることはできなかった。トップが代わらない限り、存続はない。結局、人(人材)とお金が尽きたということですよ」

 学園の発表する「休部」は、事実上の廃部だと野球部に近しい人々も証言するのだ。

※週刊ポスト2016年8月5日号

【関連記事】
PL野球部「清原監督でも教団は了承しないだろう」と部員の父
PL学園野球部の廃部は既定路線 室内練習場取り壊しの情報も
野球部廃部危機のPL 寝耳に水の校長監督の解任で関係者が嘆息

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。