ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

のみ合わせ注意 カルシウム拮抗薬にグレープフルーツは天敵

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 薬とほかの食品やサプリメントなどの“のみ合わせ”には注意が必要だ。

 高血圧・脂質異常症・糖尿病・肥満――こういった生活習慣病は、男性のものと思われがちだが、女性でも40代以降になると患者の数は増加する。このうち、高血圧の患者によく処方されるのが、アンジオテンシン・受容体拮抗薬(ARB)と呼ばれる、血圧を下げる薬、降圧薬だ。

 このARBは降圧薬の中でも新しく、ニューロタン、ブロプレス、オルメテック、ミカルディス、ディオバン、アジルバといった薬で知られており、収縮期血圧つまり“上の血圧”が140以上、拡張期血圧つまり“下の血圧”が90以上の患者に処方されることが多い。

 このARBよりも長年使用されてきた降圧薬である利尿薬を使用すべきと批判的に指摘されているが、果たしてどちらをのむべきなのだろう。

 東京女子医科大学東医療センター内科教授の渡辺尚彦さんは「どちらがいいということではなく、降圧薬は患者の症状や降圧目標によって使い分けるものです」と言う。

「比較的軽症の人に向いているのがARBです。以前は降圧効果が弱いという特徴がありましたが、最近はミカルディスをはじめ比較的早くよく効くものが発売されています。副作用はほとんどありません。

 一方、利尿薬は尿の排出を促し、結果として血圧を安定させる薬。なかなか下がりにくい高血圧の人には有効な治療薬です。副作用としては、高尿酸血症を起こし、尿路結石や痛風を発症させることがあるので注意が必要です」

 実際には、ARBと利尿薬を組み合わせた合剤が使われることも多いという。この2つ以外の降圧薬には、カルシウム拮抗薬もある。アムロジンやノルバスクがそれだ。渡辺さんは、まずこのタイプを処方するという。

「血管壁の筋肉細胞内へのカルシウムの流入を抑え、心臓の血管を広げてくれたり、不整脈を抑えたりする働きがあります。以前は、動悸や頭痛、顔の紅潮などの副作用がありましたが、有効成分の血中濃度を徐々に上げる薬の登場で、副作用はかなり減りました」

 ただし、カルシウム拮抗薬にはある天敵がある。グレープフルーツだ。

「グレープフルーツにはポリフェノールが多く含まれていますが、これはカルシウム拮抗薬の分解を遅らせ、結果として薬が長く効きすぎてしまうのです。グレープフルーツジュースも、避けてください」(渡辺さん)

 指摘すべきはその副作用ではなく、どのタイプの高血圧の薬をどのようにのむか医師としっかり相談して慎重に決める必要があるということだ。

「どの降圧薬もまず少量から始め、効きが悪かった場合に量を増やしていくのが基本です。また、夏は暑く、血管が開き、血圧が下がりやすい。すると、薬の量を減らせる可能性があります。ただし、それについても必ず医師と相談してから判断してください。中には自分で血圧を測り、自己判断で薬を減らす人がいますが、それはあまりにも危険です」(池袋大谷クリニック院長の大谷義夫さん)

 患者の8割が女性といわれる骨粗鬆症は、年齢を重ねると悩まされる人が多い病気だ。その治療に使われるのが、ファルテオ。皮下に注射して骨形成をサポートする薬だ。“効果がない”という指摘があるが、医薬情報研究所エス・アイ・シーの薬剤師・堀美智子さんはこう語る。

「ファルテオは、他の薬がのめなかったり何度も圧迫骨折を起こしてしまう人には効果的な薬です。ただ、骨からカルシウムを流出させるため、一時的に高カルシウム症を引き起こす可能性があります。吐き気、嘔吐、便秘、筋力低下などの症状が出てきたら注意が必要です」

 前出の秋津さんは、ファルテオに頼る前にできることがあると指摘する。

「副作用が強い薬なので、治療を始めたばかりの人はまずはビタミンDやカルシウムなど、サプリメントの延長で副作用の少ない薬から始めるのがいいでしょう」

※女性セブン2016年8月4日号

【関連記事】
死因となる高血圧対策 おいしく減塩するための10か条
3つのミネラルと食物繊維 薬に頼らず血圧下げる新DASH食
尿路結石 ホウレンソウ、レバー、チーズ大量摂取は高リスク

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。