ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

北陸地方にはなぜ「お金持ち」が多いのか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本の世帯別年収の平均は529万円だが、年収1000万円以上の世帯も全国で約1割(2014年「国民生活基礎調査」)に達する。その「お金持ち」世帯が多く住むエリアを調べると、意外にも偏在しているのは北陸地方。北陸エリア1位の富山県小矢部市(年収1000万円以上の世帯の割合11%)は「文化」と「伝統」がお金持ちの秘密だ。

「もともと、富山県は3世代同居が“文化”という土地柄です。なかでも小矢部市は3世代同居率が3割を超えて県内トップで、1世帯人員が県内2番目に多い(3.18人)。働き手の多さが高い世帯収入につながると考えられます」(小矢部市企画政策課)

 加えて「女性の働きやすさ」も影響していそうだ。

「富山県は昔から住まいと勤務先が近いのですが、とくに小矢部市は石川県との県境にあり、金沢市や富山市も通勤圏内で共働き夫婦が多い。市内には北陸初のアウトレットモールができて雇用も増えています。

 子育て施設も充実し、5歳未満の保育所入所は9割を超え、医療費は中学生まで無料です。一家が働きやすく、住みやすい生活環境が世帯収入を押し上げていると考えられます」(同前)

 子育てをする母親が働きやすい環境が整えば、雇用が増えて家計が潤う。小矢部市は、安倍内閣が推進する「女性が活躍する社会」のモデルケースである。

 お隣の福井県あわら市(同9%)も同様だ。

「市内に芦原温泉があり、米どころでもあるが、お金持ちが多い実感はありません。ここは結婚した長男夫婦が跡取りとして実家に住む土地柄です。祖父母が畑仕事をして子供世代、孫世代が外で働くので、世帯収入が増えるのでしょう」(あわら市政策課)

※SAPIO2016年8月号

【関連記事】
お金持ちが多く住む路線は江ノ電、阪急甲陽線、京王井の頭線
金持ちの家へよく行くヒーラー とある「木」が存在すると指摘
矢部浩之 父の死に落ち込むTBS青木裕子アナのため結婚決意か

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP