ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

山口組抗争 無関係なトラブルまで「抗争」とされる可能性も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 六代目山口組・司忍組長の出身母体・弘道会のお膝元である名古屋で、射殺事件が起きた。それも、殺されたのは対立する神戸山口組の井上邦雄組長の出身母体・山健組系の幹部組員と発表された。弘道会と山健組という中核組織同士の抗争がついに始まったのかと暴力団社会は一気に色めき立ち、警察やメディアも情報収集に走り回った。

 7月15日に斉木竜生組員が殺されたのは、名古屋市内のマンションの一室。外から男2人がマンションの一室に侵入し、中にいた斉木組員に発砲し、車で逃走したという。頭や胸の数か所を撃たれ、一緒にいた知人男性が通報し、警察らが駆けつけた。手口からしても、警察は暴力団の犯行とみて抗争の可能性がさらに高まった。

 山口組抗争を取材するフリーライターの鈴木智彦氏もすぐに現場に駆けつけた。

「名古屋での山健組は弘道会の地盤のなかで四面楚歌のようになっていたので、いつ抗争が起きてもおかしくないと目されてきた。そのなかでの事件ですから当然一気に緊張感が高まった。事件直後には警察によって現場一帯が封鎖され、検問まで行なわれる物々しい雰囲気でした」

 だが、その張り詰めた空気はすぐに解けていったという。

「神戸山口組側が『すでに組織から絶縁された人間でうちとは無関係』だと言い出したのです。私が神戸側の関係者から見せられた絶縁状には四代目山健組舎弟名義で、平成24年11月14日付で『絶縁致しました』と書かれていました。

 これが事実とすれば、抗争とは無関係ということになる。対する六代目側も、一部には『絶縁状は偽造ではないか』と疑う向きがあるものの、上層部は『抗争とは全く関係がない』と言うので、暴力団社会は一気に沈静化しました」(同前)

 一緒にいた知人男性が覚せい剤取締法違反で逮捕されたことから、実際には薬物がらみのトラブルだった疑いが浮上している。

 奇妙なのはメディアだ。事件から数日経っても、「指定暴力団神戸山口組傘下組織の斉木竜生幹部(64)が2人の男に射殺された」(朝日新聞デジタル7月19日付)などと、神戸側の幹部であることが強調された記事が相次いでいる。

「警察が神戸側の幹部であると発表しているので、記者クラブはそう書いているのでしょう。実は、暴力団がらみの殺人事件はしょっちゅう起きているのですが、普段は注目されない。それが、抗争によってクローズアップされているし、警察にもそれを強調しようとする意図がないわけではない。つまり本来は抗争と無関係なトラブルまで、警察とメディアによって抗争がらみに見せかけられている可能性があるのです」(同前)

 前出の朝日記事では、「小中の通学路、警察見守り 名古屋の暴力団幹部射殺受け」として、警察の取り組みがアピールされていた。いったい警察は、抗争を阻止したいのか拡大したいのかどちらなのだろうか。

※週刊ポスト2016年8月5日号

【関連記事】
山口組抗争 警察庁が狙う特定抗争指定暴力団への道筋
山口組大分裂 暴力団社会における「最後の抗争」との見方も
全暴力団構成員は約2万2300人 検挙人員は2万2495人

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP