ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

一括査定がおすすめ!ホンダのフェイズを買取してもらおう!

  • ガジェット通信を≫

本田技研工業(ホンダ)の軽二輪スクーター「フェイズ」は、斬新な車体デザインに水冷・4ストローク・4バルブ・単気筒エンジンを搭載した、排気量248ccのスポーティーなスクータータイプのオートバイです。2009年7月に登場し、「心を騒がす」「驚かす」との意味が込められた車名には、スクーターの世界に革命を起こしたいとの意図が現れています。

フェイズはホンダが「My Personal Comfortable Mover」を開発コンセプトに、小回りがきくことが求められる市街地から安定したスピードが出せる郊外まで快適かつ俊敏に走るためのスペックに仕上げました。

具体的には、従来車種と比較して車体の軽量化を図り、フォルムをコンパクトにしたのが特徴です。今回はフェイズを売ろうと考えている方向けに、さまざまな業者から買取査定をしてもらえる一括査定サービスを紹介していきます。

ホンダ・フェイズの製造年式と車種の魅力


出典:ホンダ

フェイズは2009年7月に誕生し、ノーマルモデルと前・後輪ブレーキにアンチロック・ブレーキシステム(ABS)を加えた機能を持つABSモデルの2種類が発売されました。同年11月にはよりスポーティーな走りが追求できる電子制御式7速が付いた「TYPE S」が登場。

2011年2月には、外観(ロアカウルやサイドカバーの色を同色に統一など)やカラーリングの変更を伴うマイナーチェンジが発表され、翌12年2月にはカラーバリエーションが増えたことで選択肢が広がりました。

フェイズの魅力は、そのスポーティーなフォルムにあります。同社が同じ排気量で売り出している「フォルツァ」と比較しても、装備を簡素化させてコンパクトさやハンドリング、レスポンスといった実用性に重点が置いています。ノーマルタイプなら60万円を切る価格で購入することができ、仕様によってはフォルツァよりも約10〜20万円ほど安くなっています。

具体的なフォルツァとの比較点は、ノーマルタイプは電子制御7速、スマートカードキーシステム、ハザードランプスイッチ、パーキングブレーキが付いておらず、ビルトインタイプのオーディオパッケージも設定されていません。

一方、同型式のエンジンながら旋回性能を向上させたことによって、フォルツァの22psに対して23psと馬力を上げることに成功しました。豪華装備のフォルツァと比べると装備は少ないのですが、軽量な分スムーズな乗り回しが可能となっているため、開発コンセプトの通り街乗りから、ちょっとスピードを出したいといったニーズに応えたバイクといってもよいでしょう。

こんな車種が人気!ホンダ・フェイズの高額査定ポイント

フェイズにおける人気車種は、電子制御式の7速「HondaSマチックEvo」が付いた「S-TYPE」でしょう。ギアに応じてアクセルの能力を最大限まで高めた走りができるため、よりスポーティーな走りを追求したい方に人気があるでしょう。ノーマルタイプと比較しても、5万円程度の価格差なので手が届きやすいのも魅力です。

フェイズの買取価格

中古バイクの買取査定サイト「バイクパッション」による買取の実例によると、走行100キロのS-TYPEが34万5000円、走行280キロのノーマルタイプは33万5000円、走行4862キロのノーマルタイプが26万8000円と書かれています(いずれも初期型モデル)。

最初に紹介した走行がわずか100キロのS-TYPEと、前者に比べて走行が少しだけ多いノーマルタイプを比較しても買取金額が1万円しか変わらないのは、転倒などによってできた細かい割れや傷の有無の差です。

バイクパッションでは、エンジン周り、ハンドル/フロント足回り、リア足回り、電装保安部品、外装、フレーム、カスタム箇所を点検した上で、値段を出しています。多少距離を乗っていたとしても、見た目の使用感が少なければ、しっかり査定に反映されるということです。

逆に、ハイエンドモデルで走行が少ないとはいえ、転倒による割れや傷が目立つのは減額査定の対象となるので注意が必要です。走行が少なく、かつ割れや傷が見当たらない状態のよいフェイズは、S-TYPEであれば査定で40万円近い価格を出してもらえる可能性があるということになります。

一括査定はどんな流れ?ポイントを押さえて高値で売却しよう

では、実際にフェイズを査定してもらうために、ネットから一括査定の申し込みをしましょう。「バイク買取一括査定」などと検索をかければ、申し込めるサイトが数多く出てきます。

サイトでは、メーカーと車種、排気量の選択から始まり、売りたいバイクの状態や住所などの個人情報を記入します。個人情報は、売ろうと思っているバイクが欲しいと考えている複数の業者にすぐ届き、すぐに電話やメールがかかってくるでしょう。

業者とのやりとりでは、それぞれ査定の日を決めて臨みますが、一社一社相手をするのが面倒であれば、一度に業者を呼んで一斉に金額を提示してもらい、高く最も高かった業者を選ぶのも効率がよいでしょう。

一括査定が高く売れる理由

ところで、なぜ一括査定をすることでバイクの買取値が高くつくのでしょうか。第1に、買取業者によってそれぞれ得意としている取り扱い分野が異なるためです。

例えば、輸入車の取り扱いが豊富な買取業車は、輸入車が欲しいと思う人が集まりやすいので数を揃える必要が出てきます。このため、一台でも多く輸入車を集めようと、輸入車を売ろうと思っている方の査定に飛びつき、高値を出しても引き取りたいと考えるわけです。

第2に、複数の業車が見積もりに参加することによって、業車同士が他社を意識し合いギリギリの駆け引きをして値段がつり上がることが期待できます。もし、査定に参加する業者が1社しかなければ、唯一査定した業者の言い値となり、安く買い叩かれるおそれがあります。

そうならないためにも、査定する業者には「複数の業者に見積もりを依頼しています」との旨をあらかじめ説明し、ライバルがいることを強く意識させましょう。

まとめ

ホンダ・フェイズは2015年を持って全タイプの生産終了が発表されました。このため、今後流通する数には限りが出てくれば、欲しいと思っている業者も数多く出てきますし、買取価格も下がりにくくなります。

バイクは機械なので、日を追うごとに古くなりますし、突然壊れてしまうことも考えられます。バイクを売ろうと思いながらも迷い続け、放置して動かなくなってしまってたら、オーナーとしてもせっかく高く売れるチャンスを逃したことになりますし、欲しいと思っていた業者にとっても機会を失うことになります。

乗らなくなって持て余しているフェイズあれば、1日でも早く一括査定を申し込んで、複数の業者の中から最も高値をつけた業者に売れるといいですね。

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP