体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【TSスマホカメラ部 特別編】au2016夏スマホ4モデルの”自慢のカメラ”で撮り比べてみた!

いよいよリリースがはじまったau2016年夏モデル。今回のスマートフォン新モデルはいずれも様々な面で進化を遂げているが、とりわけ注目すべきなのは“カメラ機能”だ。各モデルでレンズの明るさやシャッタースピードといった機能が大幅に強化され、美しい写真をより手軽に撮れるようになった。

そんなau2016夏の新モデルのなかから、「Galaxy S7 edge」「Xperia X Performance」「HTC 10」「AQUOS SERIE」の4モデルをフィーチャーし、それぞれのカメラ機能を検証していこう。

左から「Galaxy S7 edge」、「Xperia X Performance」、「HTC 10」、「AQUOS SERIE」

カタログやサイト等に記載されている各モデルのカメラ機能の主な特長は下記の通り。

Galaxy S7 edge

◯世界初、デジタル一眼レフカメラ技術搭載で超高速オートフォーカスを実現
◯F値1.7レンズ×大型ピクセル
○薄暗い場所でも素早いオートフォーカス

Xperia X Performance

◯Xperia史上最速 約0.6秒起動・撮影
◯先読みフォーカス機能
◯約2,300万画素カメラ搭載。細部まで高精細な描写力

HTC 10

◯メインとサブ、両方のカメラに光学式手ブレ補正搭載
◯F値1.8×ウルトラピクセルセンサー
◯高速レーザーオートフォーカス

AQUOS SERIE

◯約2,260万画素 &本格デジタルカメラ水準「GR certified」取得
◯AQUOS史上最速の高速起動&ハイスピードAF

カメラに詳しい人なら、それぞれの機能やスペックがなにを示しているのか、ある程度は理解できるだろう。しかし、カメラについてあまり詳しくない人にとっては、「スペックを見てもピンとこない」というのが正直なところだろう。

論より証拠。カメラ機能の特長を確かめるには、実際の写真の仕上がりを見るのがいちばん。そこで今回は、各モデルで撮影した写真を通して、それぞれのカメラ機能の実力をチェックしていくことにしよう。

1 2 3次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。