ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界最高のバレエ・ダンサー達が一堂に会す珠玉の舞台が開幕、フェリ、アナニアシヴィリ、ザハーロワ他

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 世界のバレエ・カンパニーでトップ・スターとの名高いダンサーだけが集う豪華公演『オールスター・バレエ・ガラ』が、7月23日から2プログラム各2日間の日程で開催される。7月22日からは衣装を着けて本番さながらの最終リハーサルが行われた。

 ボリショイ・バレエからは、息を呑む優美さで絶大な人気を誇るのザハーロワと鍛えられた肉体で真摯な踊りを披露するミハイル・ロブーヒン。今年アメリカン・バレエ・シアターの『海賊』で大評判となったジリアン・マーフィー、マチアス・エイマンのカップル。マシュー・ボーン『白鳥の湖』でザ・スワン/ザ・ストレンジャーを踊ったマルセロ・ゴメスなど、綺羅星のごとくの出演者だ。

 そして早々に出演が決まっていたニーナ・アナニアシヴィリとアレッサンドラ・フェリ、そして今年ドキュメンタリー映画が公開され話題になったプリンシパル、ウリヤーナ・ロパートキナを楽しみにしているファンは多いだろう。

 アナニアシヴィリは現役のダンサーを続けながらジョージア国立バレエの芸術監督を引き受けており、今回もBプログラムではジョージアの民族舞踊に基づいたソロ「レクリ」を披露してくれる。Aプログラム「瀕死の白鳥」では共演者にチェロの遠藤真理、ピアノ中野翔太を迎え、奇跡の瞬間を演じてくれる。

 一方、一度は引退したフェリはなんと50歳にして復帰、Aプログラムでは誰もが待ち望んだ「ロミオとジュリエット」のパ・ド・ドゥ、Bプログラムではモーツァルトのピアノ・コンチェルトにのせて踊られるコンテンポラリー「ル・パルク」と、全く違ったタイプ、そして「今の」フェリの表現が堪能出来る。

 他、全編が見所と言っても過言では無い舞台だが、各日フィナーレでは短い時間なれど全員のダンサーがまさに一堂に会して踊るという、まさに夢のような時間に立ち会える。フェリとアナニアシヴィリの共演など、どの全幕モノでも見ることが出来ない。まさに奇跡と言えるの瞬間に立ち会える4日間になるだろう。text: yokano / Photo:M.Terashi/TokyoMDE

◎公演概要
オールスター・バレエ・ガラ
会場:東京文化会館

プログラムA
2016年7月23日(土) 14:00
2016年7月26日(火) 18:30

プログラムB
2016年7月24日(日) 14:00
2016年7月27日(水) 18:30

【出演者】
ニーナ・アナニアシヴィリ(ジョージア国立バレエ)
アレッサンドラ・フェリ(元アメリカン・バレエ・シアター他)
ウリヤーナ・ロパートキナ (マリインスキー・バレエ)
ジリアン・マーフィー (アメリカン・バレエ・シアター)
カッサンドラ・トレナリー (アメリカン・バレエ・シアター)
スヴェトラーナ・ザハーロワ(ボリショイ・バレエ)
エルマン・コルネホ (アメリカン・バレエ・シアター)
マルセロ・ゴメス (アメリカン・バレエ・シアター)
マチアス・エイマン (パリ・オペラ座バレエ)
ミハイル・ロブーヒン (ボリショイ・バレエ)
アンドレイ・エルマコフ (マリインスキー・バレエ)

指揮:アレクセイ・バクラン
管弦楽:東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団

more info:https://goo.gl/2sBnfc

関連記事リンク(外部サイト)

菜々緒&神谷浩史 ルーヴル美術館特別展【ルーヴル No.9】内覧会に浴衣姿で登場
尾崎裕哉の奇跡のTVライブが大反響、そして初のソロコンサートへ
クラシック、ポップス、ダンス、美術、工芸の一流に巡り出会う「OKAZAKI LOOPS」、本日7/16よりチケット一般発売スタート

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP