ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【深ヨミ】西野カナ、セールスに独自の傾向あり!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

【深ヨミ】西野カナ、セールスに独自の傾向あり!
 7月25日付Billboard JAPAN週間セールスアルバムチャート“Top Albums Sales”では、西野カナの6枚目のオリジナルアルバム『Just LOVE』が12.8万枚のセールスでチャートを制した。他にも、デジタルダウンロードでも1位、PCでのCD読み取り回数を示す“ルックアップ”でも1位となっており、ユーザーが様々な形で本作に接していることがわかる。

 『Just LOVE』は、2015年Billboard JAPAN Music Awardsで1位を獲得した「トリセツ」をはじめ、「あなたの好きなところ」「もしも運命の人がいるのなら」といったヒットシングル曲など全15曲を収録した作品で、今回の集計期間で唯一10万枚を超えるセールスを記録した。では、その好調なセールスを支えている地域はどこになるのか。SoundScan Japanのセールスデータから本作の店舗での初週売上げを地域順で見てみるとトップ5は下記のようになる。
1位:愛知
2位:東京
3位:埼玉
4位:大阪
5位:神奈川

 東京を抑えて愛知が1位に。1位が東京以外になることはめずらしいことだが、愛知は西野カナの出身地・三重に近く、人口を多く抱えることを考えればあまり違和感を感じない。また、埼玉が大阪や神奈川を抜いて3位に入っていることも特徴的だ。しかし、今回調べてわかったこの特徴的な傾向は、本作だけのものなのか。続いて、2014年11月にリリースされた5枚目のオリジナルアルバム『with LOVE』の店舗での初週売上げも調査してみると、上記順位と同様の結果となった。愛知・東京・埼玉・大阪・神奈川でセールスの基盤がしっかりとできていることが、西野カナ独自のセールス動向だと言えそうだ。

関連記事リンク(外部サイト)

Billboard JAPAN CHART
【HOT BUZZ】西野カナ「Have a nice day」が首位、動画再生では8月リリースのAimer「蝶々結び」がトップに
【Chart insight of insight】ジャニーズ VS EXILE。勝負の行方は? NEWSとEXILE THE SECONDの一騎打ち

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。