ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

タッチ操作ができるスマホVRゴーグル

DATE:
  • ガジェット通信を≫


バーチャルリアリティを楽しむために必要なのがVRゴーグル。家庭用の製品が続々と発表され、スマホと組み合わせて使う段ボール製の簡易型VRゴーグルも登場しています。

【もっと大きな画像や図表を見る】

VRゴーグルでゲームをする場合、ハイエンドのVRゴーグルではコントローラーを別途用意してゲームをプレイします。しかし、簡易型VRゴーグルの場合、スマホを操作したくてもゴーグルがスマホ全体を覆っているため、タッチ操作がしにくいのが難点です。

この問題を解決したのが、VRプロダクトの開発メーカー・WHITEが販売している『MilboxTouch』。見た目は普通の簡易型VRゴーグルですが、側面にある円形部分を触ることでゴーグル内のスマホを操作することが可能。タップやスワイプのほか、円に沿ってクルクルとなぞればスクロール操作をすることもできます。スマホに触れずにスマホをタッチ操作することができるんです。

秘密は明治大学と共同開発した “Touch User Interface Module”。導電性インクで印刷されたシートをゴーグルの内部に貼り付け、ゴーグルにスマホをセットする際は画面の一部がそのシートに接するように入れます。ゴーグル側面には円形の穴が空いており、そこからシートをタッチすることで入力操作をスマホ画面に伝えられるというわけ。

MilboxTouchの対応アプリとして、名作ゲーム「パックマン」を立体かつ360度視野で遊べる『MilboxTouch ver. VR PAC-MAN』がiOS/Android(360円/300円)でリリースされています。MilboxTouchで操作をしながら、3D空間に描かれた迷路をパックマンの目線で進んでいくというもの。目の前に巨大なゴーストが迫ってくるなど、手に汗握るゲーム体験はVRならではですね。

対応アプリは他に、インタラクティブVRミュージックビデオや、隕石をよけるゲームなど。また、今後も続々とリリースが予定されており、なかにはパックマンのような有名タイトルの「VR版」も予定しているのだとか…。2700円と安価ながら、映像やゲームなどに様々な可能性を持つMilboxTouch。VR体験のハードルがぐっと下がるのではないでしょうか。

(井上マサキ)『MilboxTouch』(WHITE/価格:2700円)

(R25編集部)

タッチ操作ができるスマホVRゴーグルはコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

「バーチャルリアリティ」の未来
リアルとデジタルが融合する「AR」ってどんな技術?
千円で体験可!VRゴーグルの魅力
薄毛をカバーできる!おしゃれ髪の毛アイテム3選
「Twitterの認証バッジ」 誰でも申請可能に!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP