ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ゆず、新曲「見上げてごらん夜の星を 〜ぼくらのうた〜」“正装参加”のレコーディング映像初公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「見上げてごらん夜の星を 〜ぼくらのうた〜」配信ジャケット写真
(写真左上から時計回りに、ゆず・北川悠仁、ゆず・岩沢厚治、永六輔、坂本九、いずみたく)

坂本九の名曲を“新録”した、ゆずの新曲「見上げてごらん夜の星を 〜ぼくらのうた〜」が、配信限定シングルとして本日25日よりiTunes Store、レコチョクほか主要音楽配信サイトにてリリース。それに伴い、同曲のレコーディング映像が、ゆず YouTube Official Channelにて初公開された。

同曲は、歌手・坂本九が1963年に発売したJ-POPのスタンダードナンバー「見上げてごらん夜の星を」を新たにレコーディング。坂本九をはじめ、作詞を務めた永六輔、作曲を務めたいずみたくの関係スタッフに快諾をもらい、北川悠仁が詩とメロディを加筆。サブタイトルも付加させ、数多のカバー楽曲とは一線を画した「見上げてごらん夜の星を 〜ぼくらのうた〜」が完成した。

この楽曲とゆずの繋がりは 10年前、2006年に行われたゆずのコンサート「にほんのうた」にて初めて演奏。以降、公に音源化はされないままだったが、デビュー20周年を来年に控えた今年、改めて“音楽(J-POP)の素晴らしさを未来に伝えたい”という想いに立ち返り、同楽曲のオリジナルの素晴らしさを残しながら「先人の偉大な方々の想いを受け継いで、なにかチャレンジできないか」と考え、今回の“新録”に臨むことを決意した。

J-POPを代表する名曲であることや、数々の稀有や作品を生み出した坂本九、永六輔、いずみたくに敬意を表し、レコーディングではゆず、スタッフ、スタジオミュージシャン全員が自前の“正装”で参加。蔦谷好位置氏によるアレンジのもと、当時のライブ演奏とはアレンジを一新し、チェロ六重奏による壮大な楽曲に変化を遂げた。

今回公開されたレコーディング映像では、北川悠仁、岩沢厚治がブース内でボーカル録りをしているさまやギター演奏の模様、スタジオ内で談笑やサウンドに耳を傾けている様子が収められている。

同曲は現在、日本生命CMソングとして全国オンエア中。

「見上げてごらん夜の星を 〜ぼくらのうた〜」Recording Movie

配信情報

「見上げてごらん夜の星を 〜ぼくらのうた〜」
2016年7月25日配信

「見上げてごらん夜の星を 〜ぼくらのうた〜」特設サイト
http://www.senha-yuzu.jp//release/miagetegoran_yorunohoshiwo/

ゆず×dヒッツ スペシャルコラボ企画「YUZUヒッツ」実施中
http://rd.music.docomomarket.ne.jp/YUZUhits/

関連リンク

ゆず Official Website:http://www.senha-yuzu.jp/
ゆず TOY’S FACTORYhttp://www.toysfactory.co.jp/artist/yuzu
ゆず オフィシャルFacebookページhttps://www.facebook.com/yuzuOfficial
ゆず YouTube Official Channelhttp://www.youtube.com/yuzuofficial/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP