ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

尻尾につけて出産のタイミングをモニタリングする牛のためのウェアラブル端末「MooCall」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

牛のお産は、一般的には自然分娩が望ましいとされているが、分娩のタイミングは予測しづらい。分娩時には、事故や病気が起こりやすく、介助を必要とする場合もあるため、農家にとっては気を抜けない時期だ。

そんな農家の一人でもあるアイルランド出身のニール・オースティン(Niall Austin)氏は、雌牛の分娩のタイミングを検知する専用ウェアラブルデバイス「MooCall(モーコール)」を開発した。

・センサーで尾の動きをモニタリングし、分娩開始のタイミングを通知

「MooCall」は、出産予定日を1週間後に控えた雌牛の尾に装着し、尾の動きをセンサーで常時モニタリングすることで、分娩のタイミングを感知。

分娩開始の1時間前に、SMSや電子メールでその旨をユーザーに通知する仕組みだ。

このデバイスは、耐水性があり、フェンスなどの障害物を避けられるよう、外観をしずく型にデザインされているのも特徴。

バッテリー寿命は30日程度で、充電が必要なタイミングになると、その旨がユーザーに通知される機能も備わっている。

・センサーとIoTを融合させ、畜産の生産性を向上

「MooCall」は、2015年1月の発売以来、これまでに1万3,000台以上を販売し、世界30カ国以上で利用されている。

農家が、雌牛の分娩に確実に立ち会い、新たな生命の誕生を見守るためにはもちろん、畜産の生産性を向上させるうえでも、センサー技術とIoT(モノのインターネット)を融合させた「MooCall」のようなウェアラブルデバイスの活用の場は、今後、ますます広がるだろう。

Moocall

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。