ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

イオンモバイル、スペックや機能を強化した「ZTE Blade E01」と「arrows M03」のオリジナルモデルを発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

イオンは 7 月 25 日、MVNO サービス「イオンモバイル」の新機種として、「ZTE Blade E01」と「arrows M03」の取り扱いを発表しました。両モデルは既に家電量販店や他社 MVNO でも発売されていますが、イオンモバイル向けはスペックや機能の強化を施してオリジナルモデルとなっています。Blade E01 は、5 インチ 1,280 x 720 ピクセルの液晶ディスプレイや MediaTek MT6735P 1.0GHz クアッドコアプロセッサを搭載したローエンドモデル。イオンモバイル版は RAM を 2GB に、ROM を 16GB にそれぞれ倍増させています。しかし、価格は 17,800 円 + 税と引き上げられています。発売日は 8 月 11 日です。arrows M03 のハードウェアスペックはメーカーモデルと共通していますが、地図上の文字を簡単に拡大できる「いつでもズーム機能」が追加されています。価格は 37,800 円 + 税で、9 月 16 日に発売されます。Source : イオン

■関連記事
イオンモバイル、かけ放題のIP電話サービス「050かけ放題サービス」を26日に開始
Samsung、複数の端末を同時に充電できる新しいタイプのワイヤレス充電器のデザイン特許を出願
NTTドコモ、「AQUOS ZETA SH-04H」のソフトウェアアップデートを開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP