体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

男の好きなもの、それはガレージとチリドッグ。CHILITA(チリタ)にはそれがある!【中目黒】

男の好きなもの、それはガレージとチリドッグ。CHILITA(チリタ)にはそれがある!【中目黒】

f:id:Meshi2_Writer:20160706003047j:plain

ガレージとチリドック。アメリカ文化がたまたま合流

個人宅の隣にある物置小屋であるガレージ。アメリカでガレージ文化は一般的で、昔は馬小屋だった場所が、自動車の普及によって車庫になり、余地に物を保管する倉庫として使われてきた。この余白の部分から、車の整備や改造はもちろんのこと、不要品を売るガレージセールが行われ、音楽好きが集まってガレージバンドが生まれ、パーソナルコンピューターを世に送り出したスティーブ・ジョブズもガレージで会社を立ち上げるなど、「趣味の場」「創造の場」としても機能している。

東京・中目黒駅のちょっとはずれ。街の余白を埋めるかのように、たまたまガレージを改装して開店した、チリドッグのお店「CHILITA(チリタ)」がある。

f:id:Meshi2_Writer:20160706003206j:plain

チリドッグは、ソーセージを挟んだパンにチリビーンズをかけた手軽なメニュー。チリドッグの元となるホットドッグは、ソーセージ大国であるドイツからアメリカに渡った移民たちがソーセージをパンに挟んで発明し、19世紀中盤のニューヨークで普及したとされる。メキシコのチリビーンズと違い、チリドッグ用のチリには牛肉が入っているため、テキサス風(テックスメックス風)なのが一般的だ。こちらもアメリカ文化。

さっそくゆる〜い隠れ家感あふれる店内へ

f:id:Meshi2_Writer:20160706003312j:plain

車一台が入るガレージを作り変えた店内は、天井に頭がぶつかる高さ。2012年から始まったこのお店のバーカウンターは、年季が入って内装も味がにじみ出ている。

f:id:Meshi2_Writer:20160706003348j:plain

バーカウンターを抜けた奥にあるテーブルでは、雑然としたガレージでのくつろぎ感を堪能できる。イートインはここで食べられて、相席もしばしば。

f:id:Meshi2_Writer:20160706003457j:plain
1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。