ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

妊娠6ヶ月、夫の両親との同居が始まって…。ささいなすれ違いの末、お義母さんから衝撃の言葉

DATE:
  • ガジェット通信を≫

10月はじめ、妊娠発覚。

妊娠初期はつわりが酷かった。

仕事はドラッグストアの販売員。洗剤や柔軟剤、お客さんの匂い。ほんの少しの匂いもダメ。何飲んでも何食べても気持ち悪い。なのに空腹感を感じてもひどい吐き気。とにかくずっと吐き気と戦っていた。

わたしの働いていたところは、ずっと求人を出しているようなお店で、なかなか辞めることができず、5分に一度トイレへ駆け込むようになってやっと辞めることができた。その時は辞められたことがとにかく有難く感じてしまって気づかなかったが、勤務先から「産休」などの話が出ることはなかった。

仕事を辞めてよかった。いままでは朝昼決まった時間に無理やり食べ物を詰め込んだりしていたけど、気持ち悪くなる前に少し食べればいいだけになったし、いつでもトイレに駆け込める。変わらず吐き気はあるけど、時間のプレッシャーから開放されたことはとても大きかった。

妊娠5ヶ月。つわりがおさまってきて、少し食欲が出てきた。サラダがおいしい。氷菓子から水分をとれるようになった。

そしてもうすぐ妊娠6ヶ月。それはわたしと旦那2人で住むアパートの期限が切れる時でもあった。ここを出たら、彼の実家で暮らすことになっている。

「もう少し、2人きりでの生活したかったね」

欲を言えばそうだった。でもお金もないし、それに案外、彼の実家での生活に抵抗はない。家族が増えるなら、このアパートでの生活は贅沢だと思った。

「彼のご両親も優しいし、きっと大丈夫」そう思ってた。 関連記事:親切な姑は「潜伏型恐怖姑」だった!? 妊娠後に判明した健康オタクっぷりにげんなり

2月。妊娠6ヶ月目に突入。彼の実家での生活がはじまった。

「いままで通りでいいのよ。気楽に暮らしてね」

「朝は何時に起きてますか?」

「目が醒めるのは4時だけど、動き出すのは6時頃よ」

(4時!ついていけない!)

2人暮らしの時は7:30に起きてた。その日からは6時前に起きて朝ごはんとお弁当の準備が始まった。

お義母さんが1つ1つ教えてくれるし、わたしも一生懸命覚えようと思ってメモをとる。彼はまだ起きてこない。

まずは6時までにゴミをまとめる。洗濯を回すときは脱水は長くて5分。柄物と白いものは分けて、先に白いものを洗う。朝はまず仏壇にお茶と炊きたてのごはんを。洗濯を回してる間に朝ごはんとお弁当を作って、6:50までには完成させる。白いものの洗濯が終わったらすぐに柄物を洗濯。お茶碗にごはんをよそう順番。どの椅子は誰。このお茶碗が誰のでこの湯のみが…洗濯機は回し終わったら蛇口を閉める。彼はまだ起きてこない。

無事朝の時間が終わり、みんな出勤。

「まぁ、ゆっくりしててね」お義母さんも出勤。

お義母さんが帰ってくるのは5時頃。

何やっていいか分からないし寒いし、

「…とりあえずそれまでのんびりするか」

わたしがズボラなのと、お義母さんが綺麗好きなのとでちょっとしたすれ違いが少しずつ生じていた。

ある日の夕飯後、お義母さんが飼い犬を撫でながらわたしの方を見てこう言った。

「お前は金も稼がないからな」

わたしの生活(家事)の仕方に相当イライラしてたのだろう。でもわたしもこの言葉、多分一生忘れられない。

わたしの新しい生活(仕事)がはじまった。 関連記事:入院中お世話になった義実家に挨拶へ。義母の一言目は「私、すっごく動いたんだからね!」

著者:anemone

28才初産。ドラッグストアを辞めて、新しい生活が始まる頃まで。補足ですが、お義母さんとの関係もだいぶ良くなってきました。現在臨月です。いま不安なのは、赤ちゃんを産んだ後の生活スタイルはどうしていけば波乱が起きないのか。お義母さんと今の良い関係を続けたい。産むこと自体よりも、そっちの不安の方が大きいです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

初めての育児で手一杯の私を悩ませる「2人目はいつ?」攻撃。かわす方法はある?
林家三平の妻、国分佐智子さんが妊娠。姑の香葉子さんのリアクションが、マジで戦慄なわけ
おみやげのラッピングに四苦八苦!器用でセンスのいいママ友に囲まれて…

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP