ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「つるはしで背中を砕かれているような」促進剤の痛みにも耐えたのに…緊急帝王切開に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

予定日を2日過ぎた午前4時30分、今までの前駆陣痛とは明らかに違う痛み。

病院に電話をし、準備をして夫と病院へ。

すぐに内診すると、「子宮口も5センチ開いてるから、けっこう早く進むと思うよ」と助産師の方に言われ、いよいよかとドキドキした。

…が、なかなか進まない。

陣痛だけはどんどん激しくなるのに、回旋異常で赤ちゃんが下りてこない。

陣痛の感覚も5分になったと思ったら、また7~10分に逆戻りと微弱陣痛。

赤ちゃんが下りてこないまま、苦しい陣痛だけが続き、一睡もせずに夜が明ける。

痛みのあまり食べ物も食べられていないし体力も限界だったから、医者に帝王切開をお願いするが、

「赤ちゃんが元気だし、初産でこのくらいかかることは珍しいことじゃない。出産は簡単なことじゃない…」

となんだかいろいろ言われ、却下された。

いつ赤ちゃんに会えるのか先が見えず、心が折れそうだった。 関連の漫画記事:絶え間ない痛みと恐怖で号泣…。30時間の壮絶な陣痛、そして娘誕生! by たら実

その日の夜、高位破水した。

今夜中に産まれなかったら明日の朝一で帝王切開に切り替えようと医者に言われた。

昨晩一睡もせずに背中をさすってくれた旦那は、次の日仕事ということもあり帰らせて、代わりに母が来て一晩寝ずに、陣痛が来るたびに腰や背中をさすってくれた。本当にありがたかった。

今晩この痛みに耐えれば、赤ちゃんに会える…それだけを考えて乗り越えた。

またまた夜が明けたが産まれなかった。

帝王切開の予定だったので、飲食をしないように助産師さんに言われた。

いよいよか!と心弾ませていた矢先、昨日とは違う医者が内診後に言った。

「あっ。もう子宮口9センチくらい開いてるしこれはすぐ産まれるよ。午前中のうちに決着つけるから!」

体力的にも限界だった。

あと半日、この痛みに耐える体力なんて残っていない。

昨日も今朝も何も口にしていないし…。

医者に訴えたが、ここまでせっかく頑張ったんだからみたいなことを言われ、そのまま流され、午前中頑張ることになった。

早速、陣痛促進剤を使った。

この痛みがもうなんといったらいいか、普通の陣痛もこの世の苦しみではないがさらに、それに輪をかけた痛みだ。

つるはしで背中をガッガッと砕かれているようだった。

徐々に痛みは強くなってはいくもののなかなか進まない。さらに促進剤を増やしたようだ。

予定の午前は過ぎた。ようやくいきむところまできたが、なかなか出てきてくれない。

それから医者は吸引分娩を二度行った。

タイミングを合わせてもう本当に限界ってくらいに残った力を使い果たしていきんだ…が、赤ちゃんの頭が大きいのと頭が角度が少し曲がっていたようで、無理に引っ張らない方がいいとのことで、それから緊急帝王切開。

赤ちゃんの頭が見えますよーまでいったのに、またまたお預け。 関連記事:分娩室で吸引までしたのに!予想もしていなかった帝王切開でフルコース体験

結局、帝王切開にて、午後3時4分。3,394グラムの男の子が誕生した。

陣痛から実に58時間。

だから早く帝王切開ってお願いしたのにーって思ったけど、無事に可愛い我が子に会えたら、もうなんか今までの苦しみはどうでもよくなりました!!

著者:ちぃ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

初産で難産
想像していた以上に辛かった陣痛から出産までの格闘体験
難産

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP