体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

この夏、安くてうまいウナギを食べたいなら愛知県西尾市一色町へ行くしかない!【一色うなぎ】

この夏、安くてうまいウナギを食べたいなら愛知県西尾市一色町へ行くしかない!【一色うなぎ】 f:id:Meshi2_IB:20160719124319j:plain

暑い夏に食べたくなるのが、うなぎ。そういえば、今年は7月30日(土)は土用の丑の日だ。

東海地方では、静岡県の浜名湖うなぎが全国的に有名だが、実は愛知県もうなぎの養殖が盛んであることをご存じだろうか? 西三河地方の西尾市一色町の「一色うなぎ」がそれだ。一色うなぎ漁業協同組合によると、昨年の生産量は約4,600トンと、全国の生産量の20%を占める。

つまり国産うなぎの5尾に1尾は一色産ということになる。(あくまで計算上)

一色町で養鰻(ようまん)がはじまったのは100年以上前の明治37(1904)年。昭和34(1959)年の伊勢湾台風で被災した農地をうなぎの養殖池に転用してから発展した。昭和40年代頃までは稚魚から育てた幼魚を県外の養鰻業者に販売していたが、現在では約100軒の業者が「一色うなぎ」のブランド化に力を注いでいる。

その反面、地元の一色では「うなぎは買うものではなく、親戚や知り合いからもらうもの」という考えが根強くある。だから、日本でも有数のうなぎの産地であるにもかかわらず、うなぎ専門店がやたらと少ない。そんな知られざる“穴場”一色町を訪ねて、食べ歩いてみた。

皮カリッ、身ふんわり! 漁協直営店「一色うなぎ」

f:id:Meshi2_IB:20160719124342j:plain

どうしても一色でうなぎが食いたい! そんなストレートな欲求を満たすべく向かったのは一色漁港の近くにある「一色さかな広場」

f:id:Meshi2_IB:20160719124403j:plain

ちなみに一色漁港は愛知県西三河地方で最大規模を誇り、知多半島の師崎と豊浜に並ぶ愛知県の三大漁港の一つ。小型底引き網漁を中心にマダイやヒラメ、クルマエビ、アサリなど年間を通じてさまざまな魚介が水揚げされる。

f:id:Meshi2_IB:20160719124419j:plain

「一色さかな広場」には、鮮魚や海老せんべい、佃煮などの加工品のお店がずらりと軒を連ねている。

f:id:Meshi2_IB:20160719124502j:plain

奥に進んでいくと、うなぎ専門店「一色うなぎ」を発見!

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。