ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

まだ見ぬフィンランド:静かに広がる絵本の世界。世界遺産「ラウマの旧市街」を歩く

DATE:
  • ガジェット通信を≫

こんにちは。写真家の上田優紀です。6月中旬にフィンランド西海岸への取材を行ってきました。

フィンランドには7つの世界遺産があり、その一つにラウマの旧市街があります。

前回ご紹介したヴァーサから西海岸を南下していくとこの旅のハイライトとも言えるラウマに到着するのですが、絵本のような可愛すぎる街並みとはいったいどのようなものなのでしょうか?

今回は日本ではまだあまり知られていない世界遺産、ラウマの旧市街についてレポートしたいと思います!

 

ラウマってどんな街?

photo by yukiueda

フィンランドで3番目に古い街のラウマは北欧で最も古い木造建築の街で、その旧市街は1991年に世界遺産にも登録されました。

世界遺産の街並み以外にもボビンレースでも有名で毎年7月の下旬にボビンレースのお祭りも開催されます。

 

可愛すぎる旧市街を歩いてみよう

photo by yukiueda

photo by yukiueda

photo by yukiueda

ラウマに着いたら早速旧市街を歩いてみましょう!旧市街はおよそ0.3㎢の小さな町なのでゆっくりと歩いて周ることができます。

1600年代の大火を経て18世紀に再建築されたカラフルな建物や石畳の街並みはまるで絵本の中の世界のようで、時間も忘れてしまうほど夢中になってしまうこと間違いありません!

ちょっと疲れたらカフェに入ってゆっくりと静かな街並みをながめてみましょう。まるで自分がおとぎ話の住人になったような気分になれます。

 

なんでこんなにもカラフルなの?

photo by yukiueda

港町のラウマではもともと男性の40%が海に携わる仕事をしていたそうです。

長い航海や漁から帰ってきた時に遠くからでもすぐに自分の家が分かるように家に色を塗ったのが、このカラフルな街並みの始まりでした。

 

ちなみに男が海に出ている間に女性の収入源として始めたのが、この町の伝統工芸でもあるボビンレースだそうです。

ラウマのボビンレースといえば高品質で有名なので、お土産にも喜ばれるのではないでしょうか。

ボビンレースのワークショップも開かれているので挑戦してみても面白いかもしれませんね!

 

デザイナーのアトリエを訪れてみよう

photo by yukiueda

photo by yukiueda

ラウマの旧市街には多くのデザイナーたちが暮らしており、タイミングが良ければ彼らのアトリエの中を自由に見学させてもらうこともできます。

中にはニューヨークのMOMAで展示したことがあるすごい人までいました。

街を歩いていて窓から可愛い雑貨が見えたらそのアトリエで買えることもあるので思い切ってドアをノックしてみましょう!

 

まとめ

可愛すぎる世界遺産ラウマの旧市街。実際にそこで人々が生活をしているので昔から変わらない雰囲気を楽しめるのだと思いました。

また、まだ観光客も多くはないので静かでじっくりと絵本のような世界にひたれるのも魅力的です。

ラウマへはヘルシンキから長距離バスや電車で約3時間半で行くことができます。

フィンランド西海岸を周るならもちろん、ヘルシンキからも日帰りでも行けるのでぜひ可愛すぎるラウマの街並みにひたってみて下さい。

関連記事リンク(外部サイト)

本物のサンタさん!北欧フィンランドのサンタクロース村へ
サンタクロースもムーミンもいるフィンランドの世界遺産・絶景5選
フィンランド観光なら、レヴィでオーロラに包まれよう
居心地がいい理由がある。フィンランドと日本6つの共通点

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。