ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

実際にインドに行って本当に本当に本当に驚いた出来事3つ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

海外を旅行することとは、カルチャーショックを体験すること。どの国でも大なり小なり衝撃はあるが、インドで受けるショックの度合いは、他国と比べても、さすがにずば抜けている。

筆者が初めてインドの町を歩き目を剥いた、インドの姿を伝えよう。

1. 町はサファリパーク
「野良犬に注意」とインド旅の教訓としてあまりに有名だ。ただ、犬にとどまらぬ実態を、どれだけの人が知っているだろうか。

やや山奥の自然溢れる地には、当然のように猿(彼らは食料に飢えている)

モデル顔負けのポージングでキメる鹿たち

リキシャすれすれを歩く牛(なんと立派な角)

洗濯物が干されるそばで草をはむ馬

神聖な地(寺院や聖堂)には決まって象

そして意外なほど、彼らは穏やかだ。多くの動物は人がいても泰然としている。威嚇してきたり襲ってくるようなことは、人間が過度に刺激しないかぎりはないのかもしれない。

2. 町はミュージアム

人によって手は加わらず自然のままに、町や風景が残る。それこそインドの魅力の一つであるが、時々、人が生み出したアートがある。

たとえばチェンナイ(Chennai)の鉄道駅の壁画。ど迫力のニャンコやカラフルな顔だらけの作品がお待ちかね。

迫力にのまれる。

3. 町はまれに大海原

インドは発展まっただ中の国。道路の整備だってこれからだ。そんなインドには排水溝など無い。

だが、排水溝が無いことがここまで、町の様子を豹変させるとは。

自動車がわりきって走行しているのにも驚く。

水に浸りきってもエンジンなど支障がないのかとハラハラしたが、案外問題ないらしい(「ブウン」と音を立ててのち、動かなくなる車もたまに見かけたが)。

実は膝下まで雨水に浸かった筆者から、アドバイスを一つ。天候が怪しい日は、ビーサンで町を歩こう。雨水のしみたスニーカーからたつ臭いに絶えながら乾くまで履き続けるのは、こたえる。

もっと詳しく読む: 実際にインドに行って本当に本当に本当に驚いた出来事3つ(Photrip フォトリップ) http://photrip-guide.com/2016/07/24/india-bikkuri/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Photrip フォトリップの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP