ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

井上苑子、初の全国ツアーの最終公演でバースデーツアーの開催を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

井上苑子がセカンドシングル「ナツコイ」をひっさげて展開していた「井上苑子 1st SUMMER TOUR 2016 ~みんなおまたせ!~」が、7月22日に東京・赤坂BLITZにてツアーファイナルを迎えた。

昨年7月1日ミニアルバム『#17』のメジャーデビューから約1年、10代女子を中心に同世代の共感を呼び人気上昇中の18歳シンガーソングライター井上苑子。今回のツアーは自身、初となる全国ワンマンツアーで、6月19日、地元の大阪 umeda AKASOよりスタートし、全国計7カ所で開催された。今年3月に高校卒業記念ライブを恵比寿LIQUID ROOMで行い、そこからわずか4カ月で行われた赤坂BILTZでの初の単独公演はチケット発売直後にソールドアウト。会場は超満員だ。

人気曲「線香花火」、10代女子より圧倒的な共感を呼び、YouTubeで860万再生されている「だいすき。」からスタートしたライブ。途中、その場で会場からのリスクエストに応えて歌うリクエストコーナーでは、大原櫻子の「ちっぽけな愛のうた」、サザンオールスターズの「真夏の果実」等4曲を披露。続いて、最新シングル「ナツコイ」の歌う替え歌コーナーへ。今回の全国ツアー全箇所で行ってきたこのコーナーは各地の方言などを使い、会場のお客さんと作っていくスタイルで好評を得ていたコーナー。東京ファイナルでは、フリースタイル形式でお客さんから投稿された内容をランダムに選び、即興で披露。飾らないキュートな関西弁のトークを交え終始、会場を笑顔にさせた。そこから後半戦、ラストは「ナツコイ」。夏休みに入り、本格的な真夏のはじまりにふさわしいラストナンバーで会場を盛り上がた。アンコールでは「ナツコイ」のカップリング曲「君との距離」、そして昨年のメジャーデビュー以降、井上苑子の代表曲として愛され続けている「大切な君へ」で終了。全14曲を披露した。(リクエスト、替え歌除く)

そしてアンコールで12月に東名阪で開催される19歳バースディツアーを発表。会場・日程は12月2日(金)名古屋BOTTOM LINE、12月4日(日)大阪心斎橋BIGCAT、12月11日(日)Zepp DiverCity Tokyo。秋には全国学園祭、そしてニューリリースの予定も発表された。今後の活動としては、7月31日(日)GIRLS FACTORY 16、8月3日(水)テレビ朝日 SUMMESTATION、8月6日(土)ROCK IN JAPAN Fes.2016、8月10日(水)TSUTAYAスペシャルライブ 井上苑子×Little Glee Monster、8月12日(金)音霊 OTODAMA SEA STUDIO 2016、8月28日(日)めざましライブ、他、多数、夏のイベントへの参加が決定している。井上苑子の18歳の夏はまだまだ続く!

photo by キセキミチコ

『井上苑子 19th BIRTHDAY TOUR 2016(仮)』
12月02日(金) 名古屋BOTTOM LINE

12月04日(日) 大阪心斎橋BIGCAT

12月11日(日) Zepp DiverCity Tokyo

*詳しくはオフィシャルHPへ



カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP