ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ユーザーの習熟度に合わせて暗記学習できるデジタル時代の単語カード「TinyCards」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

単語カードは、英単語や数学の公式、歴史の年号など、分野を問わず、暗記に欠かせないツール。

学生時代、単語カードを手にとり、勉強に励んだ経験を持つ人も、少なくないだろう。

世界で1億2,000万人以上が登録し、英語・フランス語など27カ国語を学べる語学学習プラットフォーム「Duolingo」は、“デジタル時代の単語カード”ともいえる「TinyCards」をリリースした。

・語学学習で培った技術を活かした、デジタル時代の単語カード

「TinyCards」は、単語や公式、歴史上の出来事、各国の首都名など、トピック別に、単語カード形式で暗記学習できるスマホアプリ。

「Duolingo」では、時間間隔をおいて反復学習する「分散学習方式」を採用し、SRS(分散学習システム)をはじめとする最新技術を、語学学習の分野に積極的に応用してきた。

そこで、「TinyCards」は、「Duolingo」と同じアルゴリズムを導入。

ユーザーの学習履歴を自動的に追跡し、ユーザーの習熟度に合わせて、ゲーム感覚で学習がすすめられる仕組みとなっている。

・すきま時間の暗記学習ツールとして便利

「TinyCards」では、現在、太陽系の惑星名、アフリカの国名、ギリシア神話の固有名詞など、一般的な学習コンテンツを収録。

ユーザーが、独自のトピックで、単語カードを作成することもできる。

「TinyCards」は、通学や通勤などのすきま時間に暗記学習するためのツールとして、活用できそうだ。

TinyCards

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP