ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大橋巨泉氏 終活の日々と叶わなかった「金婚式の夢」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 テレビ界の巨星堕つ。『11PM』『世界まるごとHOWマッチ』『クイズダービー』など往年の人気番組の司会者・大橋巨泉氏が82歳で亡くなった。

 死因は急性呼吸不全だったが、2005年に胃がんを発症して以来、長く病魔と闘ってきた。2013年には中咽頭がんとなり、その後リンパ節や肺にも転移。度重なる手術や放射線治療にも耐え続けた。全盛期には80キロあった体重は45キロにまで激減していたという。

 その間に巨泉氏は、徐々に「終活」を進めていた。

「かつて生活の拠点にしていたオーストラリアの自宅を昨年10月に手放し、今年6月には22年続いた週刊誌連載も終了した。遺産などについても細かく考えていたようで、孫たちが“Gショックが欲しい”と腕時計をねだると、“そんなの買わなくていい。そのうちお祖父ちゃんのもっといい時計をつけることになるから”と話していたと聞いています」(巨泉氏を知る芸能関係者)

 来たるべき死と向き合い、着々と準備を進めていた巨泉氏。しかし大きな心残りがあったことも窺える。2005年、本誌のインタビューで「今後の目標」を問われ、こう語っていた。

〈夢はありますよ。あと14年、85歳まで生きれば金婚式がある。俺はお祭り好きだからね。古希の時のプレゼントの裏には『喜寿待ち』って書いたんだよ。でも、最大のイベントは金婚式だと思っている。死んだら死んだで仕方がないけれど、やっぱり85歳までは生きたいよね〉(2005年7月29日号)

 金婚式まであと3年。愛妻家として知られた巨泉氏の無念はいかばかりだっただろうか。妻・寿々子さんは、巨泉氏の死に際し、コメントを出した(一部抜粋)。

〈約11年間の闘病生活を勇敢に戦って来ました。特に4月からの3ヶ月間は死を覚悟し、全てを受け入れ、一言の文句も言わず、痛みも訴えずに、じっと我慢をしてくれました〉

〈どうぞ大橋巨泉の闘病生活に“アッパレ!”をあげて下さい〉

 皆が憧れる「大人の男」として昭和の華やかなテレビ界を牽引した巨泉氏は、最後までその風格を失わなかった。

※週刊ポスト2016年8月5日号

【関連記事】
「ツーショット」と「ボイン」 語源はとんねるずと大橋巨泉
島田紳助 若き日の“未来年表”では大橋巨泉を目指していた
「人の運の総量は決まっている」大橋巨泉が人生振り返った本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。