ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Instagramのハッシュタグを瞬時に自動生成するウェブツール「Dehaze」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「ハッシュタグ」とは、「#」からはじまるキーワード。

投稿にハッシュタグを入れることで、そのキーワードに興味を持つユーザーに、自分の投稿がリーチしやすくなるのが利点だ。

Twitter(ツイッター)で自然発生的に広がってきた「ハッシュタグ」は、現在、Facebook(フェイスブック)やInstagram(インスタグラム)など、他のソーシャルメディアでも普及している。

・Instagram用のハッシュタグを瞬時に自動生成

英ロンドンを拠点に活動するフォログラファーのニック・スミス(Nick Smith)氏は、Instagram用のハッシュタグ自動生成ツール「Dehaze」を開発した。

モノクロ、マクロ、ポートレイトといった画像カテゴリーと、撮影エリアを選択すると、選択した条件において最適なハッシュタグが最大25個、自動生成される仕組み。

たとえば、画像カテゴリーを「Travel(旅行)」とし、撮影エリアを「Tokyo(東京)」と指定すると、#explorejapan、#tokyocameraclubなど、複数のハッシュタグが「Dehaze」のウェブサイト上に表示される。

・Instagramの画像をより多くのユーザーに届けるためのツール

「Dehaze」は、現在、ベータ版として運用されており、画像カテゴリーは14種類のみで、撮影エリアも、ロンドン・ニューヨーク・東京など、世界19都市に限られている。

今後は、画像カテゴリー、撮影エリアともに、選択肢を増やしていく方針だという。

「Dehaze」は、Instagram上の画像をより多くのユーザーに効果的に届けるための手軽なツールといえるだろう。

Dehaze

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP