ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ShutterShield構造を採用したMoto Z Forceの落下テスト

DATE:
  • ガジェット通信を≫

まもなく米国で発売される Motorola の新フラッグシップ「Moto Z Force Droid Edition」の落下テストの映像が米国の WEB サイト Android Central で公開されました。Motorola は Moto Z シリーズにも「ShutterShield」と呼ばれる独自の 5 層構造を適用しており、端末がコンクリートの地面に落下してもディスプレイは割れないとされています。それを検証したのが今回のデモ動画です。テストでは、頭の高さ(おおよそ 1.7 ~ 1.8m)からコンクリートの地面に落下させることを 3 方向の端末の向きで実施しており、一般的な落下シーンを再現しています。結果、フレームには細かいキズが付いていましたが、ディスプレイは無傷で落下させた後も端末を継続して使用することは可能なようです。

■関連記事
ZenFone 3の指紋リーダーはタッチボタンとしても機能する
Mi Note 2の発表は8月に延期か?
Galaxy Note 7のシステム情報や虹彩認証メニューを表示した実機写真と追加の壁紙画像が流出

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP