ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

天国のお義父さん、おじいちゃん、ありがとう。新たに産まれる子への命のつながりに感謝

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2人目の妊活を始めたのは、上の子が1歳になって断乳してすぐでした。

福さん式を試して排卵日を特定して励んでいましたが、産後で排卵が不安定だったり、夫の出張でタイミングが合わなかったりで、あっという間に半年が経ってしまいました。

時間が経てば経つほど、気持ちは焦るばかりで、もっと心に余裕を持ってゆったりしていた方が赤ちゃんも来てくれるとは思っていたものの、2人目不妊なのではないかとか、夫婦のどちらかが何か病気なのではないかとか、マイナスのことばかり考えてしまいました。

そんな時、義父のお墓参りと旅行を兼ねて、連休に夫の実家に帰ることになりました。

夫の実家は飛行機で2時間かかるし、日程も1歳の娘を連れての旅行にしてはハードなもので、正直、私は楽しみな気持ちよりも不安な気持ちが大きかったです。

ただ、10日間も旅行に行っていれば、妊活のことを良い意味で忘れて過ごせるかなという考えはありました。

そして、いよいよ旅行が始まると、飛行機では案の定、娘がじっとしていられずに大泣きするわ、長時間の車移動で私は車酔いするわで、さんざんな状況でした。

義父のお墓参りは一年以上ぶりで、その間ご挨拶に来れなかったことをお詫びしつつも、山の綺麗な空気の中で安らかにいらっしゃるようお祈りしました。

前回のお墓参りの時はまだ私に抱っこされて眠っていた娘も、一人前にお参りをしていて感心したものです。

ずっとできていなかった義父のお墓参りができたことで、私はどことなくスッキリした気持ちになったのを覚えています。

旅行から無事に帰ってきたものの、疲れにより体調を崩した私は、今度は自分の実家に数日帰ることにしました。

実家は近いのですが、毎回祖母の家に立ち寄り、祖父の仏壇に手を合わせるのが決まりで、今回も娘と共にお線香を上げてきました。

そして、この時、「おじいちゃん、妊活頑張るから、2人目を授かるようにしてください」と心の中でつぶやいてしまいました。 関連記事:これってもしかして…!? 検査前に妊娠を知らせてくれた3つの不思議な出来事

そして、実家から帰って数日、生理予定日が近いのに生理が来る気配がありません。

私と夫はあまり期待しないようにと話しながらも、つい少し期待している自分もいました。

ところが、生理予定日になっても本当に生理が来ません。ドキドキして検査薬をフライングだと分かりつつも試すと、まさかまさかの陽性!信じられなくて手が震えました。

早速夫と実母に報告し、とっさに手を合わせて義父と祖父に「ありがとうございます」とつぶやきました。

思い起こしてみれば、娘を妊娠した時、切迫流産で自宅安静にしていた頃に義父が亡くなり、命の尊さを深く感じたのです。

今回、誰かが亡くなった訳ではないけれど、あの世の家族の魂と対話することと、新しい命を授かることがつながっているような感じがしました。 関連記事:「お願い!間に合って!」母の死と初めての出産 ~天国のお母さん、娘は10歳になります~

ただの偶然かもしれないけれど、赤ちゃんというのは、そんな偶然にも意味があることを教えてくれる気がします。

まだまだ小さいけれど、とても強い希望と幸せを与えてくれるこの子にも感謝したいです。

そして、無事に産まれることができるよう、これからも両親や祖父母と過ごす時間を大切に、与えられた命のつながりを忘れることなく過ごしたいと思います。

著者:Altoids

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

二人目が欲しい!渋る夫に野獣化した妻。夜這い作戦の結果…!? by フクミー
二箇所の病院で異常なしと言われましたが二年以上子供ができませんでした
予想外の妊娠!

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP