ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『ハーパーズ バザー』塚本香、雑誌作りのこだわり

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE土曜12時からの番組「SEASONS」(ナビゲーター:マリエ)のワンコーナー、明日を美しくするヒントきっかけを探る「ESTEE LAUDER MAKE TOMORROW BEAUTIFUL」。7月23日のオンエアでは、マリエが憧れていて「このコーナーにぜひ」と熱望していた、雑誌『ハーパーズ バザー』日本版の編集長、塚本香さんをお迎えしました。

『ハーパーズ バザー(Harper’s BAZAAR)』は世界で一番長い歴史を誇る雑誌。マリエも大好きで愛読していたそうですが、2人が実際に出会ったのはニューヨークコレクションのとき。マリエは塚本さんを一目見たときに「なんて素敵な方なんだろう!」と思ったのだとか。

そんな塚本さんがファッションに興味を持ち始めたきっかけを聞いてみると「ウソじゃなく、雑誌を見てファッションが好きになったんですね」と話し始める塚本さん。『ELLE』と提携していた『an•an』がすごくオシャレで、いろいろな新しい洋服を見て「ファッションって素敵だな」と思ったことがきっかけなのだとか。

「こうやってファッション誌の仕事ができているのって運命でもあり、自分はすごくラッキーだったな、というふうに思っています」

塚本さんは東京出身ではなく、地方の出身で周りにたくさんショップがあるような環境でなかったことが、雑誌をたくさん見る衝動となり、ファッションの世界にたくさん触れるようになったのだとか。そのため、とにかくたくさんの美しい洋服を雑誌でも実際にも見ていくことが、自分なりのファッションを作っていく方法だと思っているそうです。そして雑誌作りのこだわりも教えてくれました。

「いい商品を見せることも大事だけど、生活の中でどう使っていくのか、それを使って自分らしいスタイルをどう作り上げていくのか…1人の女性の生き方というか。物だけというより、裏側にあるいろいろなストーリーが一番おもしろいので、できるだけそれが伝わるような伝え方や作り方をしていこうと、いつも思っているんです」

塚本さんはさらに「物が生まれる裏側には、それを手がける人のドラマや歴史もあって、それを知れば知るほど愛着も湧きますし」と続けてくれました。

最後に、“明日を美しくするヒント”を聞いてみると「特別なことはしていないんですけど」と前置きをしながら…

「昨日までにやったことがない、何か新しいことを1つは明日のためにやってみたい、ということでしょうか…慣れていることやルーティンになっちゃいがちなんですけど。それでもできるだけ、そうならないよう、常に新しいことをやる!」

と話してくださった塚本さん。そして「あと、しっかり寝ることですね。良い睡眠をとるということは明日を美しくするために大事なので」と締めくくっていただき、最後まで感心しきりのマリエでした。

【関連サイト】
「SEASONS」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/seasons/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP