ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

人一倍気をつけていたのに…高血糖で緊急入院からの6日間絶食、そして陣痛が!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今回、2人目の出産でした。

1人目はなかなか出てくる気配がなく、羊水も少なめで3日間陣痛促進剤で苦しんでの出産だったので、

「またあんな感じなのかなぁ…でも、あんなしんどいことはもうないだろう」

と思ってたのが甘かったんです。

元々、1型糖尿病を患っている為、妊娠中は人一倍気をつけるようにと、妊婦検診も最初から2週に一度、糖尿病内科も同じペースで通っていました。

31週になり、妊婦検診でも順調ですねと問題なかったんですが、病院に行った翌日。

朝起きた時から、もの凄い頭痛。主人を見送れないくらい寝込んでました。

血糖値はちょっと高いものの、血圧も問題ないし、体調悪いだけかなと1日寝ていたら、昼間から嘔吐を繰り返し、水分も取れない状態に。 関連記事:妊娠32週の血液検査で尿糖にチェックが…ここまで来て妊娠糖尿病?!

主人が帰って来たのが真夜中12時。

携帯すら持てず、主人に救急車を呼んでもらうも、その時既に陣痛が…。

近くのERに運ばれ処置してもらうも、緊急帝王切開になるかも知れない…というのと、今の週数で生まれた新生児を受け入れるところがその病院にないとのことで、朝に医大病院へ搬送されました。

なんとか子宮収縮をおさえる点滴で陣痛は止まったものの、ケトアシドーシスと言う血糖値が異常に高い状態になっていたのと、もし緊急で出産になった時に、赤ちゃんが呼吸できるように注射を打つ為、6日程絶食。

両腕点滴、尿管も繋がれ、絶対安静状態でお腹もすきませんでしたが(笑)

絶食明けの翌日から御飯が出てきて、朝、昼は食べていたのですが、夜、急な吐き気で御飯も食べれず。

その嘔吐により、また陣痛が始まり、もう薬も効かず、出血も…。

そのまま夜中に診察を受けたら、もう産まれそうで、私の体力もないので、緊急帝王切開になるとのこと。

手術などの同意書は、主人がサインしていたものの、麻酔だけはサインしてなかったようで、産まれそうなのを堪え、陣痛がピークの中、震えながらサイン。 関連記事:痛みと恐怖で震えながら「赤ちゃんをお願いします!」…妊娠30週で緊急帝王切開に

下半身麻酔が痛いと聞いてましたが、それどころじゃないくらい陣痛の痛みで、いつ針刺されたかわからないくらいでした。

なんとか出産を終えたものの、麻酔が効きすぎたのか、主人や両親が来てくれてたのもあまり覚えてない状態でした。

2日後、NICUでやっとはっきりした意識で我が子を見て、周りがビックリしちゃうくらい涙が止まりませんでした。

まだ子供は入院中ですが、とっても元気で先生の予想より早く退院予定です。

大変な出産だったし、入院中ずっと痛みしかなかった状態でしたが、それでも子供の顔見ると痛みを忘れてしまいますね。

著者:モカママ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

助産師さんの励ましに涙をぬぐって…検診から緊急帝王切開へ、息つく間もなかった出産
帝王切開後の辛すぎる痛みと戦う最強の武器○○○をもって挑んだ、二度目の産後… byうだひろえ
済んでしまえば、すべて、個性という事で

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP