体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『Pasty(パスティ)/Pasty petit(パスティ プチ)』女子のワガママを詰め込んだ夢のクリアーファイル!

CR7_0842

文房具にこだわる女子は使いやすさや便利さだけでなく、色や形といった見た目にもうるさい。プラス株式会社が行ったアンケート調査によると、女子高生の多くは学校で配布されたプリントをクリアーファイルに収納しているのだが、なかなかお気に入りのクリアーファイルに出会えない女子が多いらしい。そんな女子のワガママに応えるべく生まれたのがプラス株式会社『Pasty(パスティ)/Pasty petit(パスティ プチ)』だ!

デスクにあったらぱっと目を引く可愛さ!機能性も抜群なクリアーファイル

記者も高校生の時はノートを授業科目ごとに使い分けていたが、それと同じように、クリアーファイルも科目ごとに使い分けると勉強も一層はかどるもの。しかし限られたお小遣いで生活する高校時代、可愛さで気に入っても値段を見て断念というのもよくある話。そんな余裕がないけど、持ち物にこだわりたいすべての高校生に向けて、持ち運びに便利な外ポケット付きファイル『Pasty(パスティ)』(希望小売価格 税抜250~480円・2016年6月1日発売)と、お手頃価格のシンプルなファイル『Pasty petit(パスティ プチ)』(希望小売価格 税抜180~420円・2016年6月1日発売)が発売されたので、使ってみることにした!

 

 『Pasty(パスティ)/Pasty petit(パスティ プチ)』共通の特徴

 CR7_0679

『Pasty(パスティ)/Pasty petit(パスティ プチ)』のカラーは、女子なら嫌いな人がいないであろうパステルカラーの全8色。『Pasty(パスティ)』の外ポケットと『Pasty petit(パスティ プチ)』の表紙の色がお揃いになっている。二度見してしまう可愛さ。

 

パステルカラーには気持ちを落ち着かせ、集中力を上げる効果もあり、pastelとstudyを組み合わせた『Pasty』の由来にぴったりだ。

 

さらに、A4サイズは10・20・40ポケット、B5サイズは20ポケットのラインナップになっていて、用途に合わせて使い分けることができる。『Pasty(パスティ)/Pasty petit(パスティ プチ)』は大変薄く、背表紙の幅も調節できないため、1つのポケットに何枚もプリントを収納する人には向かないかもしれない。

 CR7_0686

記者がクリアーファイルに対して最も面倒だと思うポイントは、中ポケットの開けづらさ。『Pasty(パスティ)/Pasty petit(パスティ プチ)』にプリントを入れようと、ポケットを親指と人差し指でつまむと、指にビニールがしっかり引っかかり簡単に開けられた。クリアーファイルを使いたくても、ポケットに入れるのが面倒だと思っていた人にぜひとも体験してほしいぐらいだ。

 

また、従来のクリアーファイルならば、ポケットから紙がはみ出して、大切なプリントの端がよれてしまうことが多々あったが、『Pasty(パスティ)/Pasty petit(パスティ プチ)』中ポケットよりも表紙が5mm大きくなっていて、表紙がプリントの上部をガードしてくれる優れもの。試しにクリアーファイルを逆さにして振ってみたが、プリントが表紙からなかなか飛び出さなかった。

 CR7_0714
1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会